Japan
検索する
ヘルプ
閉じる
メニュー
閉じる

Japan

サイバーセキュリティ

CISO(最高情報セキュリティ責任者)メッセージ

1875年の創業以来、東芝グループは日々の暮らしを支える企業としてお客さまと向き合い、事業を通じて社会に貢献することを第一に考えてまいりました。現在は、エネルギー、社会インフラ、電子デバイス、デジタルソリューションを中心とした事業に取り組んでおりますが、すべての分野において「安心・安全」をご提供することは東芝グループの果たすべき責務であります。
デジタル化が進んだ現代社会において、サイバー空間には個人情報を含め、さまざまな情報が蓄積され、実世界(フィジカル空間)に無くてはならないものとなっています。フィジカル空間で得られた大量の情報はサイバー空間で分析され、価値ある新たな情報を生み出し、それが再びフィジカル空間で活用されます。これが“サイバー・フィジカル・システム”(CPS)で、このシステムを適切に管理・維持し、社会を犯罪から守り、さまざまな情報を人々の暮らしに役立てることこそが、東芝グループがめざすサイバーセキュリティです。東芝はサイバーとフィジカルの両面でこれまでの経験と実績を活かし、最先端のセキュリティ技術で社会と人々の暮らしを支えることをお約束いたします。
今回発行した「サイバーセキュリティ報告書」は東芝グループのサイバーセキュリティ強化への取り組みを、お客さま、株主さま、お取引先さまを含めたすべての方々へお伝えし、ご理解いただくことを目的としております。本書をご覧になった皆さまが、安心して東芝製品・サービスをお選びいただけるよう、これからも日々精進してまいります。

※CISO:Chief Information Security Officer

斉藤 史郎の写真
株式会社東芝 執行役専務・CISO
斉藤 史郎

お知らせ

東芝サイバーセキュリティウェブサイトでは、サービス改善のための統計的情報を取得します。詳しくは以下のサイトをご参照ください。
http://www.google.com/analytics/index.html 別ウィンドウアイコン(Google社のサイト)

上記サービスにより収集されたデータはGoogle社によって管理されます。Webビーコンが取得する情報は、お客様がアクセスしたページおよび使用したブラウザを識別するためのコードであり、 本ウェブサイト上で、お客様の個人情報を取得することはありません。

このページのトップへ