ホーム > 放射性同位元素を使用した変圧器などの油面計およびサーベイメータについて > 変圧器などに付属している放射性同位元素を使用した油面計について

変圧器などに付属している放射性同位元素を
使用した油面計について

変圧器等電気機器付属油面計
放射線障害防止法の改正にともなう廃棄処理の適正化について

1. 放射線障害防止法の改正にともなう廃棄処理の適正化について

国際原子力機関(IAEA)は、「電離放射線に対する防護及び放射線源の安全のための国際基本安全基準」(BSS)を1996年に刊行し、その中で放射線の防護と安全について、規制免除に関する具体的基準である国際基本安全基準免除レベルが提示されました。

2004年6月2日に公布された「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律」(改正放射線障害防止法)では、この国際基本安全基準レベルが導入されており、2005年5月20日に政令が公布、2005年6月1日に省令が公布され、同日付けで改正法が施行されました。

これにより、従来規制対象ではなかった放射性同位元素装備機器や密封線源(機器等)で、新たに規制対象となる場合があります。

弊社では変圧器、リアクトル、計器用変圧器、計器用変圧変流器等について、放射性同位元素の使用について調査を実施しました。その結果、1950年代から1960年代に製造した変圧器等の電気機器に付属しているダイヤル油面計の文字盤・指針の一部に、放射性同位元素を用いた自発光性夜光塗料を使用した機器があることが明らかになりました。(但し、これらの機器の放射能量は0.2MBq程度と低く、従来法では規制対象外でした。)

改正法では、従来規制対象ではない放射性同位元素装備機器や密封線源(機器等)で、新たに規制対象となる機器等において、2007年3月末までに製造されたものは、“廃棄についてのみ規制対象”となります。よって、施行後は、該当するダイヤル油面計については、引き続き使用することには問題ありませんが、不法廃棄した場合には法律違反となりますので十分ご注意ください。

弊社としましては、該当製品を関連ユーザー殿がスムーズに処理されるようバックアップして行く所存ですので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2. 規制対象機器

1953〜1969年に製作した油入りの変圧器、リアクトルのブッシングのダイヤル油面計、および計器用変成器(VT)、計器用変圧変流器(MOF)、碍子形LTC、のダイヤル油面計の文字盤、指針が該当します。

ブッシングの場合は形式の頭文字が”F”または”U”で始まり、ダイヤル油面計を使用しているブッシングが該当します。

詳しくは、弊社お客様相談窓口まで問い合わせ願います。
なお対象機器等に関して新たな情報が得られましたら速やかに情報提供させていただきます。

3. 取り扱い・処置について

引き続き使用することには問題ありませんが、廃棄の際には文字盤・指針を取り外し(社)日本アイソトープ協会殿への廃棄処理をお願いする必要があります。

弊社で使用した油面計の文字盤・指針は現地でアクリル板を外さないと取外しできない構造であるため、作業者・環境への放射性物質による汚染を防止する観点から、放射線管理の専門家が行うことが必要です。
廃棄の際には弊社へご相談下さい。

4. 関連資料

5. お問い合わせ先

お問い合わせ窓口

6. 関連リンク先

社団法人 日本電機工業会(JEMA)