TOP > 製品情報 > 統合制御システム CIEMAC™-DS/nv > OPC UA サーバーパッケージ

OPC UA サーバーパッケージ

OPC UA サーバーパッケージ

制御システムと情報系システムとのデータ連携機能を提供

OPC UAサーバーを用いることで、OPC UAクライアント機能をもつアプリケーションソフトウェア(ERP/MES/SCADAなど)がフィールド機器(PLC/DCSなど)と接続することができます。

OPC UA サーバーパッケージ イメージ

特長

OPC UAサーバーを提供

OPC UAサーバーで、プラットフォームに依存することなく、制御システムをOPC UAクライアント機能をもつアプリケーションソフトウェア(ERP/MES/SCADAなど)に接続できます。イントラネット経由での設定値の変更、生産システムの一元管理、データの分析・予測システムなどで効果を発揮します。

当社・他社機器を1つのOPC UAサーバーで統合可能

OPC UAサーバー フルパッケージでは当社機器(nv series type1 light、CIEMAC-DS/nv)と他社コントローラが混在するシステムを1つのOPC UAサーバーで統合できるので、システム構築、管理を効率的に行えます。

適用機種に応じた製品ラインナップ

フルパッケージに加えて、nv series type1 light接続に特化したPLCパッケージ、他社PLC接続向けのFAパッケージを用意しました。またそれぞれのパッケージにはセキュリティ版も用意されていますので、お客様の用途、構成に適したソフトウェアを選択いただけます。

システム構成例

OPC UAサーバーパッケージは、Windows7 x64およびMicrosoft .NET Framework 4.5をプラットフォームにした、ソフトウェア製品です。
これをインストールしたコンピューターは、制御システムとOPC UAクライアントとの中間に配置されます。

基本システム構成例 イメージ

OPC UAサーバーの動作環境
プロセッサ Intel Core 2 DuoプロセッサE 6400(2.13GHz) 相当以上
搭載メモリ 2GB 以上
オペレーティングシステム(OS) Windows7 Professional SP1 64bits(32bitモード)[日/英]
アプリケーション実行環境 .NET Framework 4.5以上

製品リスト
製品リスト 型式
OPC UA
サーバー
PLCパッケージ スタンダード版 3年保守 SCTCPLCA
PLCパッケージ セキュリティ版 SCTCPLWA*1
FAアプリケーションパッケージ スタンダード版 SCTCFACA*2
FAアプリケーションパッケージ セキュリティ版 SCTCFAWA*1
フルパッケージ スタンダード版 SCTCFULA*3
フルパッケージ セキュリティ版 SCTCFUWA*1
*1
セキュリティ版についてはホワイトリスト型セキュリティソフトウェアが同梱されます。
詳しくは リーフレットG16085 PDF [PDF形式/1,221KB] をご覧ください。
*2
東芝産業用コンピュータを製品プラットフォームに採用いただくと、RASサポートソフトウェアを介してRAS情報をOPCクライアントに提供することができます。
*3
CIEMAC-DS/nv接続する場合、ONSサポートパッケージ(SCONPPDA/ECONPPDA)が別途必要です。

ERP(Enterprise Resources Planning):統合基幹業務システム。
MES (Manufacturing Execution System) : 生産を行うための計画・管理システム。
SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition): コンピュータによる監視システム。
OPC UA(OPC Unified Architecture): 詳細は、以下のURL にて公開されています。
OPC Foundation https://jp.opcfoundation.org/ 別ウィンドウが開きます *2017 年11 月現在のURL です。

  • ユニファイドコントローラnvシリーズおよびTC-net は、株式会社東芝の商標です。
  • Microsoft およびWindowsは、米国 Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • その他、記載されている社名、商品名、サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • 本資料に含まれる内容は2017年11月現在のものです。
  • いかなる場合においても、本製品の使用または使用不能から生ずる付随的な損害(事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失、またはその他の金銭的損害を含むがこれらに限定されない)に関して一切責任を負わないものとします。
  • 本製品は、以下のような人命に直接かかわる安全性を要求されるシステムに適用する目的で製造されたものではありません。このような用途に使用する可能性がある場合には、当社営業窓口へご相談ください。
    [例]
    • 原子力発電所の主機制御システム、原子力施設の安全保護システム、その他安全上重要な系統システム
    • 集団輸送システムの運転制御システムおよび航空管制制御システム
    • 人命にかかわる医療制御システム
  • 製品をご使用の際には、取扱説明書をお読みいただいた上で正しくお使いください。
  • 本製品を、国内外の法令、規則および命令により製造、販売を禁止されている応用製品に使用することはできません。
  • 本製品は、外国為替および外国貿易法により、輸出または海外への提供が規制されているものです。
  • 本製品は、米国輸出管理の規制を受けており、輸出する場合、輸出先によっては米国政府の許可が必要です。
  • 本資料に掲載してある技術情報は、製品の代表的動作・応用を説明するためのもので、その使用に際して当社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うもの ではありません。

別ウィンドウが開きます PDF…このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

このページのトップへ