TOP > 製品情報 > 統合コントローラVシリーズ > ワンループコントローラ LC500シリーズ

産業用コントローラ

ワンループコントローラ LC500シリーズ

ワンループコントローラ LC500シリーズ イメージ

コントローラに表示機能、入出力、パラメータ設定用サイドキーボードを搭載した、ボックス型コントローラです。ネットワークに対応し、スタンドアロンから中小規模の制御システムまでの一般産業、プラント制御システムに適応します。

【生産終了のお知らせ】
長らくご愛顧いただきましたワンループコントローラ LC521/LC522は、2013年9月末日を持って生産中止となりました。
後継機種は、ユニファイドコントローラnv シリーズ LC531/LC532となります。

特長

表示機能、入出力を一体化

ループ制御モジュール(L1)をベースとしたコントローラ機能に表示機能と入出力を一体化し、ボックス型のワンループコントローラとしました。

表示機能、入出力を一体化 イメージ

マルチループコントローラ拡張機能

最大8ループまでPID制御が行なえ、各ループごとにディスプレイLD512Hを増設することができます。ワンループからマルチループコントローラへ発展し、制御範囲の変化にも容易に対応ができるので、トータル的なコスト削減が行なえます。
さらに別置きでI/Oモジュールを最大15台まで拡張ができ、柔軟な機器構成が行なえます。

マルチループコントローラ拡張機能 イメージ

サイドキーボード内蔵

本体にサイドキーボードを内蔵し、制御パラメータの表示・設定、アラーム情報の確認などが行なえます。パラメータの簡単な変更・確認であれば、現場へツール用PCを持ち込まなくても行なうことができます。

エンジニアリングツール2対応

エンジニアリングは統合コントローラのエンジニアリングツール2で行えます。プログラミングだけでなく、プログラム・データのオンラインモニタ、状態監視、イベントログ機能などトータルなエンジニアリングをサポートします。
またプログラムを機能ごとにファンクションブロック化することで、機能の再利用化が可能となり、エンジニアリング効率が向上します。

ネットワークへの対応

当社の制御LAN/フィールドネットワーク機器ネットワークであるTOSLINE-S20LPを標準で装備(LC511、LC512)します。統合コントローラやPROSEC Tシリーズへの接続が行なえ、中小規模の制御システムも実現できます。

機能仕様一覧表
型式 LC511/LC521
(電流出力型)
LC512/LC522
(パルス出力型)
入力 アナログ(1~5VDC) 4点
デジタル(無電圧接点) 3点
R/A切替(無電圧接点) - 1点
停電タイマ(無電圧接点) 1点
出力 操作電流(4~20mA) 1点 -
操作パルス(パルス幅) - 1点
アナログ(1~5VDC) 2点
デジタル(オープンコレクタ) 3点
ウォッチドッグタイマ
(オープンコレクタ)
1点
最大制御ループ数 8ループ
プログラム容量 6kステップ
スキャン同期 50~5000ms
タグ 指示計 128点
調節計 8点
デジタル 32点
機能仕様一覧表(フロントパネル部)
バーグラフ表示 PV/SV/MV
操作スイッチ SV、MV、制御モード
デジタル表示 5桁LED表示
その他 エンジニアリングツール接続コネクタ
機能仕様一覧表(サイドキーボード)
データ設定 キーボードスイッチ
表示 LCD表示(バックライト付)
機能 データ表示、パラメータ表示・設定、アラーム表示

I/O

別置き用I/Oモジュールは、ループ、アナログ、デジタル、パルスなど用意しています(最大15台接続可能)。

ネットワーク

ワンループコントローラには、二種類のネットワークがあります。

TOSLINE-S20LP仕様一覧表
伝送構成 光二重ループ
ステーション数 最大64台
伝送速度 2Mbps
伝送距離 局間:最大1km
全ループ長:最大30km
伝送手順 スキャン伝送 メッセージ伝送
スキャン伝送容量 4096ワード
MCバス仕様一覧表
伝送構成 N 対 N
ステーション数 最大32台
伝送速度 1Mbps
伝送距離 全長:最大30m
伝送方式 ビットシリアル伝送、非同期式
  • TOSLINEは(株)東芝の登録商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

※記載内容は、設計変更その他の理由によりお断りなく変更させていただくことがあります。

このページのトップへ