TOP > 製品情報 > 統合コントローラVシリーズ > 中・小規模シリーズ [model 2000]

産業用コントローラ

中・小規模シリーズ [model 2000]

中・小規模シリーズ [model 2000] イメージ

一般産業、プラント制御システムにおける中・小規模のシステムに適応するシリーズです。

シーケンス制御、ループ制御、さらにはコンピュータ機能を自由に組み合わせることができ、効率的に制御目的を実現できます。

シーケンス制御モジュール (S2)

高速シーケンス制御機能を持つモジュールです。

高速処理を実現

高速IEC言語専用演算プロセッサを搭載し、基本命令40nsの処理を実現します。(S2PU82の場合) さらにユーザプログラム実行中はメインプロセッサが通信処理などを並列に処理しますので、オーバヘッドを含むトータルスキャンタイムが大幅に短縮できます。

二重化システム対応

S2PU82及びS2PU72Dは、CPU、電源などの基幹部二重化構成に対応。高信頼システムの構築を支援します。

国際標準プログラミング言語

プログラミング言語は、国際標準IEC61131-3(JIS B3503)準拠。ソフトウェアの部品化・再利用性に優れた言語ですので、エンジニアリング効率と品質の向上に貢献します。

マルチタスク機能

異なる複数のタスクを並列に実行できます。制御対象/内容に応じた最適な制御周期を選択することが可能です。

リアルタイムオンライントレース機能

プログラム実行状態でのデータ収集/保存を命令後実行と同時に行なっています。プログラム実行中にリアルタイムでのデータのオンライントレースが行なえます。

コンピュータリンクポート装備

RS-485ポートを装備しています。タッチパネルや上位コンピュータとコンピュータリンクでの通信が行なえます。

機能仕様一覧表
型式 S2PU82 S2PU72D S2PU72A S2PU32A
制御方式 ストアードプログラム サイクリックスキャン方式
スキャン方式 定刻スキャン方式/フローティングスキャン方式
入出力方式 一括リフレッシュ/ダイレクトリフレッシュ
プログラム容量 64Kステップ
(フル逆生成可能)
64Kステップ
ステーションバス支援 あり なし
メモリ素子 フラッシュROM + RAM
プログラム言語 LD, SFC, FBD
変数 ローカル/グローバル変数 128Kワード 48Kワード
共通レジスタ(S) 512ワード
共通レジスタ(D) 4kワード
ステーショングローバル変数 1kワード -
I/O変数 3kワード
インデックスレジスタ 8種類
実行速度 ビット演算 40ns/接点
80ns/コイル
80ns/接点 160ns/コイル
整数演算 40ns/加算
120ns/乗算
80ns/加算 240ns/乗算
フローティング演算 200ns/加算
200ns/乗算
400ns/加算 400ns/乗算
コンピュータリンク 1ch:RS485(300~19.2kbps)
伝送 ステーションバス経由 Ethernet , TC-net -
I/Oバス経由 TOSLINE-S20 , FL-net , TOSLINE-F10 , DeviceNet
停電保持 リチウム電池
停電処理機能 カレンダ演算、AC電源瞬停時刻メモリ
電源投入時自動実行プログラム
自己診断機能 DC電源チェック 拡張ユニット電源電圧チェック
CPU・ROM・RAMチェック I/O応答チェック
I/Oバスパリティチェック I/Oステータスチェック
ウォッチドックタイマチェック バッテリ電圧チェック
イリーガル命令検出
二重化対応
(二重化/シングル)

(二重化専用)
- -

ループ制御モジュール (L2)

本格的なループ制御機能を持つモジュールです。

高速ループ制御

最大ループ数96、プログラム容量128kステップで、最短10ms周期でのループ制御が行なえます。

ハイパーPID搭載

東芝独自の2自由度ハイパーPIDを搭載し、ボイラー制御、燃焼制御をはじめ幅広い用途で、高精度なループ制御を実現します。

シーケンス制御も実行可能

プログラム言語として国際標準規格IEC61131-3を採用しています。ループ制御だけでなく、シーケンス制御、バッチ制御も実行可能です。

CIEMACシリーズへの接続可能

統合制御システムCIEMAC 1200、CIEMAC-DSで使われるタグ計器変数を用意しています。OIS1200/OIS-DSとEthernetで接続し、OISによる表示/設定を可能とします。

機能仕様一覧表
型式 L2PU11 L2PU12 L2PU22
最大プログラム数 512POU 2048POU
ループ数/プログラム容量 32/128kステップ 96/128kステップ 96/128kステップ
プログラム処理速度 32ループ/125ms 96ループ/375ms 96ループ/375ms
スキャン周期 超高速 10~500ms
高速 10~500ms
メイン 100~10000ms
タグ 指示計 128 288 768
調節計 32 96 256
デジタル 128 288 1024
シーケンス 16 48 128
二重化
(IF619が必要)

(IF619が必要)

(IF619が必要)
上位ネットワーク支援 Ethernet(EN6**) Ethernet(FN611)
支援HMI OIS1200 OIS-DS

コンピュータモジュール (C2)

コンピュータ機能を持つモジュールです。

小型・省スペースコンピュータ

本体はPC/AT互換であり、キーボードI/F、マウスI/F、FDD I/F、Ethernetポート、COMポート、USBポート、PCMCIAスロットを装備。産業用パソコンのRAS機能を継承し、大容量HDD/メモリ搭載のコントローラとして使用できます。またコンパクトなボディーで装置組込型パソコンとして省スペースが実現できます。

高速CPUを搭載

C2PU35/C2PU37はPentium®III 500MHzプロセッサを搭載。Ethernetポートも100Mbpsに対応しました。Windows®2000モデルではUSBポートも標準サポートとなります。
※C2PU37についてはこちらもご覧下さい。

I/Oモジュールへのアクセスが可能

I/Oアクセス用ドライバ標準搭載でパラレルI/OモジュールおよびDeviceNetモジュールの入出力が行なえます。(※1) 単なるコンピュータとしてではなく制御装置としても使用できます。

※1
コンピュータモジュールがアクセスできないI/Oモジュールもあります。

HDDを前面から交換可能(C2PU37のみ)

ハードディスクドライブ(HDD)を本体をベースボートからはずすことなく、前面から交換することができます。

自動シャットダウン

コンピュータモジュール用電源モジュールとしてPS694を用意しました。PS694はモジュール内にバッテリを内蔵しており、動作中に停電が起きてもも瞬時に電源が落ちずにOSの自動シャットダウンを行います。無停電電源装置(UPS)も必要なく、ハードウェアやデータの破損を防ぎます。

機能仕様一覧表
型式 C2PU35 C2PU37
OS Windows® 2000 Windows NT®4.0 OSなし Windows® 2000
CPU Pentium® III 500MHz
メモリ 128/256MByte
入出力装置 キーボード・PS/2マウス
補助記憶装置 FDD 外部(I/Fコネクタ装備)
HDD HDD:
10GByte~ ※1
FlashDisk:
2GByte
HDD:
10GByte~ ※1
FlashDisk:
512MByte
FlashDisk:
512MByte
HDD:
30GByte~ ※1
FlashDisk:
2GByte
外部I/F RS-232C 1ch 9ピンD-SUB
Ethernet 1ch 10BASE-T/100BASE-Tx(自動切替え)
CRT I/F 1ch アナログインタフェース 15ピンD-SUB
PCMCIAスロット Cardbus/TypeII 2スロット
USB 1ch(OSによっては未サポートあり) 1ch
スイッチ 強制H/Wリセット・イニシャライズNMIスイッチ
LED表示 RUN・WAIT・SHUTDOWN・HDD RUN・HDD・汎用4点
バッテリ ER3V
RAS機能 WDT 512/128/2ms
ECC DRAM空間
温度センサ CPU温度警報
電圧監視 停電検出・バッテリ電圧警報
※1
ハードディスクの容量は手配時にお問い合わせください

マルチホスト

1つのユニットにS2、L2、C2を最大3台まで構成することができます。それぞれのモジュールに共有メモリエリアを用意しており、エンジニアリングツールでの登録でグローバル変数としてモジュール間のデータ授受が簡単に行なえます。同一モジュールの複数構成を行なうことで高速分散処理が可能となります。

I/O

I/OはパラレルI/OとシリアルPI/Oを用意しています。

パラレルI/O

パラレルI/OはS2、L2、C2から制御が可能です。I/Oモジュールは基本ユニットに最大8モジュール、拡張ユニットに最大8モジュール実装できます。拡張ユニットは最大3台接続でき、合計で32モジュールを制御できます。
※コンピュータモジュールがアクセスできないI/Oモジュールもあります

インテリジェントシリアルPI/O

インテリジェントシリアルPI/OはL2から制御が可能です。計装制御の連続展開に必須のオンライン着脱、I/Oモジュールの二重化、バスの二重化によって高信頼性を実現するとともに、フィールドからの信号の多様性に対応するインテリジェンス機能を持ち、幅広い分野に適用します。

FシリーズPI/O

FシリーズPI/OはL2から制御が可能なシリアルPI/Oです。アナログ入出力システムは信号ごとにシグナルコンディションを用いて複数の異なる信号の混在ができ、I/Oモジュールの無駄を少なくできます。ディジタル入出力システムはオムロン(株)製のI/Oリレーターミナル(G7TCシリーズ)を実装し、信号配線の簡素化、収納/実装効率の向上が図れます。従来のインテリジェントシリアルPI/Oと混在して実装できるので資産を有効に活かせます。

ネットワーク

Ethernet

Vシリーズユニット間、上位HMIシステムとの接続に使用する監視制御LANです。Ethernetモジュールは100Mbpsと10Mbpsのものを用意しています。また伝送路はシングル構成だけでなく二重化構成ができますので、高信頼性の伝送が行なえます。

仕様一覧表
型式 EN611 EN621
+EB621
EN631 EN641
+EB641
EN651A EN661 FN611
準拠規格 10BASE5 10BASE2 100BASE-TX/10BASE-T
伝送速度 10Mbps 100Mbps/10Mbps
伝送路 シングル 二重化 シングル 二重化 シングル 二重化 二重化
(OIS-DS接続用)
最大ケーブル長 500m 185m 100m(ノード-ハブ間) 30m
(ノード-ハブ間)
プロトコル TCP/IP UDP/IP PCMP IRCP
伝送方式 ポイントtoポイント伝送
マルチキャスト伝送
ブロードキャスト伝送
マルチホスト 最大4モジュール
マルチポート 最大4ポート/モジュール

TOSLINE-S20

Vシリーズユニット間、PLC、ドライブ装置、各種計装機器との伝送に使用する制御LAN/フィールド機器ネットワークです。TOSLINE-S20はメッセージ伝送のほかに周期的にデータ授受を行なうスキャン伝送を行います。

仕様一覧表
型式 SN621 SN622
伝送速度 2Mbps
伝送構成 バス型(同軸) バス型(光)
伝送距離 同軸ケーブル:全長1km
光ファイバケーブル:ステーション間1km
システム全長:最大10km
伝送手順 スキャン伝送 メッセージ伝送
スキャン伝送容量 1024ワード

FL-net

FL-netは、JIS B3521に制定されている コントローラレベル標準ネットワークです。Ethernetベースのネットワークで、各社のコントローラ、プログラマブル表示器、ロボットコントローラ、NC装置、コンピュータなどとの高速データリンクが可能となります。
FL-netはマルチベンダ高速データリンクを実現できる標準ネットワークとして今後の普及が期待されています。

仕様一覧表
型式 FL611 FL612
接続方式 10BASE5/10BASE-T (選択)
伝送速度 10Mbps
伝送路構成 バス
伝送距離 10BASE5:500m (リピータ使用時 最大2500m)
10BASE-T:100m (リピータ使用時 最大500m)
通信方式 サイクリック伝送(ブロードキャスト)、メッセージ通信
インタフェース コモンメモリ:8kビット + 8kワード (サイクリック伝送用)
プロトコル規格 Ver.1.00 Ver.2.00

FL-netリモートI/Oステーション

標準ネットワーク FL-net対応のリモートI/Oステーションです。
リモートI/Oステーションの入出力データはFL-netの伝送コモンメモリに割り付けられますので、S2T/S2Eを始めとする各種コントローラからFL-net経由で遠隔のI/Oにアクセス可能です。

仕様一覧表
型式 FL654
プロトコル規格 FL-net プロトコルVer.2.00
接続方式 10BASE-T
伝送速度 10Mbps
伝送路構成 バス
伝送距離 100m (リピータ使用時 最大500m)
サポートI/Oモジュール 統合コントローラ model 2000 パラレルI/Oモジュール(の一部)
最大I/Oモジュール数 1ステーションあたり32モジュール

TOSLINE-F10

小点数分散I/Oシステムに対応した省配線フィールドネットワークです。統合コントローラVシリーズやTシリーズPLCとのデータリンクも可能です。 加工が容易なツイストペア線を使用し、ライン・機器内の省配線を容易に実現します。

仕様一覧表
型式 UN611/UN612
伝送モード 高速モード 長距離モード
伝送路構成 バス
伝送速度 750kbps 250kbps
伝送距離 最大500m 最大1km
通信サービス スキャン伝送
スキャンデータ容量 32ワード
スキャン伝送周期 7ms/32ワード 12ms/32ワード

DeviceNet

DeviceNetに準拠した機器との伝送に使用するフィールド機器ネットワークです。入力/出力装置、センサ、ドライブ装置など国内外のさまざまなメーカ機器と接続ができます。

仕様一覧表
型式 DN611A
伝送路構成 バス
伝送速度 125kbps 250kbps 500kbps
伝送距離 500m 250m 100m
スキャンデータ容量 入力128ワード(2048点) + 出力128ワード(2048点)
通信機能 ポーリング
ビットストローブ

二重化

S2、L2はユニットでの二重化が可能です。待機冗長型で同一構成の基本ユニット2式を構成し、1つのユニットに異常が発生した場合はもう1つのユニットへ制御が切り替わります。
I/OはインテリジェントシリアルPI/Oの二重化が可能です。ユニットとの接続を行なうシリアルバスは標準で二重化されており、各I/Oモジュールも二重化できます。
ネットワークは監視制御LANであるEthernetと制御LANであるTC-net 10の伝送路二重化が可能です。

  • Microsoft,Windows,WindowsNTは、米国マイクロソフト社の米国および他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • Pentiumは、米国インテル社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • DeviceNetは、ODVA(Open DeviceNet Vendor Association, Inc.)の登録商標です。
  • CIEMAC,TOSLINE, Factory Viewは(株)東芝の登録商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

※記載内容は、設計変更その他の理由によりお断りなく変更させていただくことがあります。

このページのトップへ