TOP > 製品情報 > 電磁流量計シリーズ > 電磁流量計 LF410/LF620 LF410/LF622

計装・産業機器・システム

電磁流量計 LF410/LF620 LF410/LF622

電磁流量計 LF410/LF620 LF410/LF622 イメージ

概要

電磁流量計検出器LF410形は、関数磁界分布方式を採用していますので、偏流の影響が少なくなっております。また、15mm~100mmまでは、標準で測定管にセラミックスを採用していますので、耐摩耗性、耐熱性、耐負圧に優れた特長を持っております。

電磁流量計変換器LF620形(一体形)、LF622形(分離形)は、独自のノイズサプレッサ(雑音除去)回路演算処理機能を備えており、耐ノイズ性に優れ、スラリー流体測定時にも安定した出力を得ることができ、ゼロ点安定性に優れています。

さらに、専用のHART(1)通信用端末機器であるハンドヘルドターミナルAF900形やコンフィグレータBF100形を用いれば、各種遠隔操作が可能です。

1 HARTプロトコルとは・・
Highway Addressable Remote Transducerの略で、HCF(HART Communication Foundation)が推奨する工業センサ用通信プロトコルの名称です。

主な仕様

主な仕様一覧表

呼口径 15mm,25mm,40mm,50mm,80mm
,100mm,150mm,200mm
測定範囲(流速換算値) 0-0.1m/s~0-10m/s
精度(変換器との組合せ精度) レンジに対する流量(%) 精度
0.1~1.0m/s未満 1.0~10m/s
0~20% - ±0.1% FS
20~100% ±0.5% of rate
0~50% ±0.25% -
50~100% ±0.5% of rate
ライニング材料
(口径:mm)
セラミックス:(呼口径)15~100mm
テフロンPFA:(呼口径)150~200mm
流体温度 -10~180℃(セラミックス) 120℃を越える場合は分離形となります。
高温で使用の場合、寿命が短くなることがありますので、事前に問い合わせ願います。 140℃を超える場合は高温用を推奨します。(検出器形番表を確認願います。)
-10~120℃(テフロンPFA)
電極材質 SUS316L(標準)、Ti、ハステロイC
アースリング材質 SUS316(標準)、SUS316L、Ti、ハステロイC
周囲温度 -20~60℃
構造 JIS C 0920 IP67(防浸形)、NEMA 4X
消費電力 最大 15W(22VA)以下 
(標準使用時 10W(14A)@AC100V/励磁電流 0.2A)
最大 17W(24VA)以下 (通信オプション付の場合)
電源電圧 AC100V~AC240V、50/60Hz(標準) 許容変電範囲AC80V~AC264V
DC24V(オプション) 許容変電範囲DC18V~DC36V
DC110V(オプション) 許容変電範囲DC90V~DC130V

PDF…このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

このページのトップへ