TOP > 製品情報 > 電磁流量計シリーズ > 原理・特長

計装・産業機器・システム

原理・特長

一般形電磁流量計 測定原理

「磁界中を導体が横切ると、その速度に応じた電圧が発生する」ファラデーの電磁誘導則を応用し、導電性流体の体積流量を測定します。

測定原理 イメージ

一般形電磁流量計 特長

関数磁界分布方式による偏流影響の低減

管内磁場を適切に分布させた「関数磁界分布方式」により、偏流の影響を効果的に低減し、高精度で安定した測定を約束します。

関数磁界分布方式による偏流影響の低減 イメージ

ノイズサプッサによる流体ノイズ影響の低減

独自のノイズ除去回路「ノイズサプレッサ」により、ノイズの影響を低減し、安定した測定を実現します。

ノイズサプッサによる流体ノイズ影響の低減 イメージ

分割サンプリングによる突変性流体ノイズ影響の低減

スラリー、不均一導電性流体でも良好な追従性を確保しながら安定した測定を実現します。

分割サンプリングによる突変性流体ノイズ影響の低減 イメージ

PDF…このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

このページのトップへ