TOP > 製品情報 > デスクトップ型産業用コンピュータ > 産業用コンピュータ FA3100S model 9500 > RAS機能概要

産業用コンピュータ

産業用コンピュータ FA3100S model 9500
RAS機能概要

産業用コンピュータ FA3100S model 9500 RAS機能概要 イメージ

ハードウェア状態検出

ハードウェア状態検出一覧表
ウォッチドッグタイマ(※1) ハードウェアWDTでソフトウェアの暴走を検知し、通知
電源電圧低下検出(※2) 動作中供給電源電圧が低下したことを検知
内部温度上昇検出 ユニット内温度が許容値を超えたことを検知し、温度異常として通知
CPU温度上昇検出 CPU温度が許容値を超えたことを検知し、温度異常として通知
ファン停止検出 吸気ファン・排気ファンが停止したことを検知し、ファン停止として通知
ハードディスク監視 ハードディスクの異常を検知し、ハードディスク異常として通知(RAID時のみ)
ディジタル入出力(※3)
(DI/DO各4点)
外部ディジタル信号(入力4点、出力4点を送受信(入力は割り込み信号指定可能)

ハードウェア制御機能

ハードウェア制御機能一覧表
ソフト電源OFF
(シャットダウン)
パワースイッチOFFによりOSの自動シャットダウン後、電源をOFF
リモートイニシャライズ
(※3 ※4)
外部信号によりOSの自動シャットダウン後、リセット
リモートパワーON/OFF
(※3 ※4)
外部信号により電源をON/OS自動シャットダウン後OFF
RASメモリへの情報保存 起動時、動作中、停止時の情報をRASメモリ(電池バックアップの不揮発メモリ)へ保存
障害発生時のDO通知機能
(※5)
本体内部の電圧低下(Power-Good)やWDT監視について、監視状態をDOに通知することが可能。

サポート機能

サポート機能一覧表
RASウィンドウ画面による表示 動作状態、RASメモリ保存の情報を表示
RASウィンドウ画面による操作 RASコマンドの実行、RAS動作環境を設定
RASユーザプログラム作成支援 RASユーザプログラムをVC(VisualC++)およびVB(Visual Basic)で作成するライブラリで、作成する際のOLEカスタムコントロールを搭載
異常警報出力機能 RASユーザプログラムを作成しなくても、冷却ファン異常、温度異常、ミラーHDD異常が発生した際に、DO出力、LED表示、アラーム音などの警報出力を行うことが可能
RAS情報収集/解析ツール 動作状態、RASメモリ保存情報をメディアへ格納し、この情報をオンラインまたは他のPC上で参照可能
稼働時間監視機能 ハードウェア機構の稼働時間を監視し、寿命時間に近づいたり、寿命時間を過ぎるとイベントをロギング
温度情報トレンド機能 温度情報を任意のサンプリングで記録し、RASウィンドウから過去の温度情報を確認することが可能
シミュレーション機能 DI信号やファン停止、温度異常などをシミュレートして、RASユーザプログラムで利用可能
※1
ウォッチドッグタイマ発生時のDO出力は、メインボード上のディップスイッチで使用可否を選択できます。
※2
本体内部電圧低下時のDO出力は、メインボード上のディップスイッチで使用可否を選択できます。
※3
オプションのDI/DOボード、RASケーブルRAS端子台(UMP50)、外部電源(DC5~24V)が必要です。
※4
リモートイニシャライズまたは、リモートパワーON/OFFのどちらかの設定を選択できます。
出荷時デフォルト設定はリモートイニシャライズです。
※5
本体内部電圧監視、WDT監視の外部DO通知動作は以下のとおりです。
本体内部電圧監視、WDT監視の外部DO通知動作一覧表
監視項目 ステータス DO 0番 DO 1番
本体内部電圧 正常 出力(ON) -
電圧低下発生 出力停止(OFF) -
WDT タイマ監視中 - 出力(ON)
タイムアウト発生 - 出力停止(OFF)

この障害発生時のDO通知機能を使用するには、メインボード上のジャンパ設定を有効にする必要があります。
(出荷時設定は無効となっており、自動的に上記表のようなDO出力動作は行われません。)

注)
DO出力回路側に、外部供給電源(DC5~24V)が必要です。

この場合、アプリケーションプログラムからのDO出力はDO0番、DO1番に対しては禁止状態となります。

このページのトップへ