試合結果

試合詳細

試合の写真

第69回 JABA京都大会
予選リーグ 第3戦

2018年4月29日(日祝) 15:46〜18:10
試合時間:2時間24分 皇子山球場

東芝ブレイブアレウス 12 − 5 NTT西日本
12
東芝ブレイブアレウス
 5 
NTT西日本
試合結果のスコアボード
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
東芝 1 0 2 0 4 0 5 - - 12
NTT西日本 0 0 0 0 3 2 0 - - 5

(大会規定により7回コールド)

【本塁打】--- 【三塁打】松本 【二塁打】吉田2、佐藤(旭)、服部、小川
【バッテリー】 【投手】加嶋―岡本 【捕手】柴原―井川

概要

第69回 JABA京都大会の第3戦は、皇子山球場でNTT西日本と対戦した。1回東芝の攻撃で石川のヒットと佐藤旭の犠打で一死2塁とすると、松本のレフト前タイムリーで1点を先制する(1-0)。3回東芝の攻撃では石川の四球と佐藤旭の犠打で一死2塁とすると、松本のタイムリーで1点を追加。更に吉田の二塁打で2、3塁とすると、服部の犠牲フライで1点を追加する(3-0)。5回東芝の攻撃で一死から佐藤旭の二塁打と松本の四球で1、2塁とすると、吉田の二塁打で1点を追加する。なおも2、3塁から服部の二塁打で2点を追加。その後ニ死3塁から小川のセンター前タイムリーで1点を追加し7-0とする。相手チームの攻撃では先発の加嶋がヒット2本で無死1、3塁とされると、ライト前にタイムリーを打たれ1点を返される。更に二死満塁からレフト前にタイムリーを打たれ2点を返され7-3とされる。6回相手チームの攻撃では加嶋がヒットと二塁打で無死2、3塁とされると、一死から犠牲フライ、二死3塁からタイムリーを打たれ2点を返される(7-5)。7回東芝の攻撃では金子のヒット、小川のレフト線二塁打、柴原の死球で無死満塁とすると、一死から石川のセンター前タイムリーで2点追加。その後一死満塁から松本の走者一掃の三塁打で12-5とする。大会規定により7回コールド、12-5で勝利し、リーグ戦3勝0敗で決勝トーナメント進出を決めた。

ご声援ありがとうございました。