試合結果

試合詳細

試合の写真

平成30年 JABA秋季神奈川県企業大会 第2戦

2018年8月29日(水) 10:22〜13:32
試合時間:3時間10分 保土ヶ谷球場

東芝ブレイブアレウス 4 − 3 三菱日立パワーシステムズ
 4 
東芝ブレイブアレウス
 3 
三菱日立パワーシステムズ
試合結果のスコアボード
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
三菱日立
パワーシステムズ
2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 3
東芝 0 0 1 0 0 0 0 2 0 1X 4

(延長10回タイ・ブレーク)

【本塁打】船木(2ラン) 【三塁打】--- 【二塁打】吉田
【バッテリー】 【投手】宮川―櫻井―岡本―加嶋 【捕手】柴原―井川

概要

平成30年 JABA秋季神奈川県企業大会の第2戦は、保土ヶ谷球場で三菱日立パワーシステムズと対戦した。1回相手チームの攻撃で先発の宮川が無死からヒットと犠打、四球にワイルドピッチが重なり一死2、3塁とされると、二ゴロの間に1点を先制される。なおも二死3塁からタイムリーを打たれこの回2点を失う(0-2)。3回東芝の攻撃では二死から小川の死球と松本の四球で1、2塁とすると、吉田の右中間二塁打で1点を返す(1-2)。6回相手チームの攻撃では、宮川がヒット2本と四球で無死満塁としたところで櫻井に交代。櫻井が犠牲フライを打たれるも後続を抑え1失点でしのぐ(1-3)。8回東芝の攻撃では松本のヒットで一死1塁から、代打の船木がレフトに2ラン本塁打を打ち同点に追いつく(3-3)。10回より無死1、2塁からのタイブレークとなり、加嶋が四球を与え無死満塁とするが、後続を抑え無失点。その裏1、2塁から小川の犠打と松本の敬遠で満塁とすると、ワイルドピッチで1点を奪いサヨナラ勝ち(4-3)。リーグ戦2勝0敗で5年ぶりの優勝を飾った。

平成30年 JABA秋季神奈川県企業大会 結果
1位:東芝(2勝)
2位:三菱日立パワーシステムズ(1勝1敗)
3位:JX-ENEOS(2敗)

ご声援ありがとうございました。