試合結果

試合詳細

試合の写真

第44回 日本選手権大会
関東代表決定戦 1回戦

2018年9月8日(土) 14:47〜16:44
試合時間:1時間57分 太田市運動公園野球場

東芝ブレイブアレウス 12 − 2 深谷組
12
東芝ブレイブアレウス
 2 
深谷組
試合結果のスコアボード
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
深谷組 0 2 0 0 0 0 0     2
東芝 0 5 5 2 0 0 X     12

(大会規定により7回コールドゲーム)

【本塁打】--- 【三塁打】--- 【二塁打】金子×2、松本
【バッテリー】 【投手】岡野―加嶋 【捕手】柴原―井川

概要

第44回日本選手権大会・関東代表決定戦の第1戦は、太田市運動公園野球場で深谷組と対戦した。2回相手チームの攻撃で先発の岡野が二死から4連打で2点を失う。東芝の攻撃では無死から石川の四球と福山の犠打で一死2塁とすると、金子のレフトオーバーの二塁打で1点を返す。更に二死から望月の内野安打と佐藤旭の四球で満塁とすると、小川のセンター前タイムリーで2点を加え逆転する。なおも1、2塁から松本のレフト線二塁打で2点を加え5-2とリードを広げる。3回東芝の攻撃では石川の四球、福山の犠打、金子の敵失、柴原のヒットで一死満塁とすると、望月の二ゴロが敵失となり2点を追加。佐藤旭の四球で満塁とすると、小川と松本のタイムリー、吉田の押し出し四球で3点を加え10-2とリードを広げる。4回東芝の攻撃では無死から福山がヒットで出塁。続く金子が左中間に二塁打を打ち1点を追加。更に柴原の内野ゴロで一死3塁とすると、望月の犠牲フライで1点を追加する。そのまま試合は大会規定により7回コールド、12-2で勝利した。

ご声援ありがとうございました。

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像