Japan



東芝トップページ > 企業情報 > CSR > エンゲージメント > ステークホルダー・ダイアログ > 米国でのステークホルダー・ダイアログ

CSR 企業の社会的責任

日時 2007年3月22日(木曜日)
場所 米国 ニューヨーク 東芝アメリカ社
テーマ 東芝アメリカグループの環境活動について

米国でのステークホルダー・ダイアログの写真

環境情報のわかりやすい開示を期待

NGO、SRIファンド関係者との対話を実施しました

環境関連のNGO、SRI(社会的責任投資)機関の方々にお集まりいただき、米国で初めてのステークホルダー・ダイアログを開催しました。今後の東芝アメリカグループの環境活動に対して、建設的なご意見をいただきました。

明確なメッセージと、わかりやすいコミュニケーションを

「地球温暖化対策、使用済み製品の取り扱い、水資源の保全といった問題は昨今ますます重要になっている。このようなテーマに東芝が取り組んでいる姿勢をもっと明確に伝えることが大事」というご意見をいただきました。
また「ファクターT」については「見えない価値を数値化する試みは素晴らしいが、もう少しわかりやすくシンプルな説明が必要」との要望もありました。

製品のライフサイクルでの環境負荷を考慮した、サプライチェーン戦略が必要

「原材料の調達から使用済み製品の取扱いまで、サプライチェーン全体を考慮した取り組みと、情報の開示がもっと必要となる」というご指摘をいただきました。

お客様の、環境・社会問題への意識の高まりに敏感に

「米国では、お客様(消費者、法人顧客、政府など)の環境・社会問題に対する意識、関心が確実に高まり、行動にも変化がでてきている。この動きを敏感に察知し、製品開発やマーケティングを進めていくことが必要なのではないか」というご意見を多くの方からいただきました。

ご出席者

Ms.Alexis B. Krajeski,F&C Investment(SRI)の写真

Ms.Alexis B. Krajeski
F&C Investment(SRI)

Ms.Erica Lasdon,Calvert Asset Management(SRI)の写真

Ms.Erica Lasdon
Calvert Asset Management(SRI)

Mr. Matthew C. Bnks,WWF (世界自然保護基金)の写真

Mr. Matthew C. Bnks
WWF (世界自然保護基金)

Ms. Yerina Mugica,NRDC(天然資源保護委員会)の写真

Ms. Yerina Mugica
NRDC(天然資源保護委員会)

Ms. Kate Krebs,NRC(全米リサイクル協会)の写真

Ms. Kate Krebs
NRC(全米リサイクル協会)

ファシリテーター(司会)

Mr. Dunstan Hope, BSR (Business for Social Responsibility) の写真

Mr. Dunstan Hope, BSR (Business for Social Responsibility)

東芝 米州総代表 内池 亨

東芝 米州総代表 内池 亨の写真

米国でこれからも責任あるビジネスを続けていくために、環境課題に取り組んでいくこと、ステークホルダーの皆様との対話を進めていくことは極めて重要と考えています。今回の対話で取り組むべき課題が明確になりました。今後、課題を精査し積極的に取り組んでいきます。

注)情報・役職等は2007年3月時点のものです。



Copyright