Japan

東芝トップページ > 企業情報 > CSR 企業の社会的責任 > ESG活動報告 > ESG活動報告における主なコンテンツ

CSR 企業の社会的責任

ESG活動報告における主なコンテンツ

東芝グループは、環境、社会(人権の尊重、公正な評価・人材育成、多様性の推進、安全健康、サプライチェーンCSRの推進、品質管理、お客様満足の向上、社会貢献活動など)、ガバナンス(コーポレート・ガバナンス、リスクマネジメント・コンプライアンスなど)に関する課題に対し、中長期的な目標を定め、パフォーマンスを向上させるよう取り組みを行っています。

  項目名 主なコンテンツ
環境 環境経営 エネルギー・気候変動への対応、資源消費の最小化、水消費の最小化、化学物質リスクの最小化
社会 人権の尊重 人権の尊重に関する方針、人権リスクの特定、モニタリング、教育・啓発
雇用・労使関係 労働組合との関係、労使間の対話、従業員データ
公正な評価・人材育成 公正な評価、人材育成、従業員意識調査
多様性の推進 ダイバーシティマネジメント、女性、外国籍従業員、障がい者、高齢者、LGBT従業員への対応、働き方改革とワーク・ライフ・バランス
安全健康 安全健康基本方針、労働安全衛生マネジメントシステム、労働災害、健康管理、サプライチェーンでの安全衛生の推進
サプライチェーンCSRの推進 調達方針、調達取引先へのCSR推進支援、紛争鉱物の不使用、グリーン調達・グリーン購入、サプライチェーンにおける温室効果ガスの削減
安心・安全のための品質管理 品質方針、品質推進体制、品質力の強化、品質情報の開示
製品安全・製品セキュリティ 基本方針、製品事故への対応、未然防止、製品安全・品質不具合に関する情報開示
お客様満足の向上 CS推進方針、お客様サポートの向上、お客様の声の共有・反映、お客様情報の保護、お客様の事業継続支援
ユニバーサルデザイン 方針、ユニバーサルデザインの推進
地域社会との共生 事業進出が地域に与える影響の点検、事業拠点を中心とした地域貢献
社会貢献活動 社会貢献基本方針、社会貢献支出額分野別内訳、各種社会貢献活動
ガバナンス コーポレート・ガバナンス コーポレート・ガバナンスの方針、ガバナンス体制、社外取締役の役割、役員報酬制度
リスクマネジメント・コンプライアンス 通報制度、独占禁止法の遵守と腐敗防止、公正な取引、輸出管理、情報セキュリティ管理、適正な製品表示と広告、BCP、税務・納税
研究開発と知的財産 研究開発体制、研究開発費、社外との連携、知的財産戦略、特許保有状況、模倣品対策

このページのトップへ