本文へ移動する

メニューへ移動する

サブメニューへ移動する

東芝通信インフラシステムズ株式会社

お問い合わせ サイトマップ



新型コロナウイルス感染症への対応について



ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症への対応について

2020年04月13日
東芝通信インフラシステムズ株式会社

 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。また、罹患された方々におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

 当社では、新型コロナウイルス感染症の拡大にあたり、お客様、お取引先様、地域社会の皆様、従業員とその家族の安全確保および事業の継続のため、日々変化する状況に応じた対応を実施しております。
 4月7日、日本国政府による改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発令されましたが、当社は、生活の基盤となる社会のインフラ事業をはじめ、社会活動の維持に必要な事業やサービス等を多く営んでおり、これらの供給責任や社会的責任を果たす必要があることから、感染リスク軽減策を講じたうえで、生産、サービスに関わる拠点については活動を継続することとします。


 新型コロナウイルス感染症に対する当社の基本方針および現時点の対応は以下のとおりです。

1.基本方針

  • (1)お客様、お取引先様、地域社会の皆様、従業員とその家族の安全確保を第一とします
    (2)社会活動等の維持に必要な事業やサービスの供給責任及び社会的責任を果たす必要があるため、生産・サービスに関わる拠点については、感染リスク軽減策を講じた上で活動を継続します。

2. 感染リスク軽減策

  • (1)全拠点の従業員は、原則として在宅勤務とする。出社することでしか対応できない業務については、感染リスク軽減策を講じた上で遂行
    (2)全世界への海外出張及び国内出張の原則禁止
    (3)時差通勤の活用
    (4)出社前・出社後の検温等による健康管理、就業可否判断の実施
    (5)対面による会議等の自粛、社内外イベント・懇親会等の中止
    (6)入館時管理の徹底
    (7)手洗いの実施、うがいの励行、マスクの着用、対人距離の保持、咳エチケットの遵守

3. 当社において感染者が発生した場合の対応

 当社の拠点で感染者が発生した場合は、お客様、お取引先様、地域社会の皆様、従業員とその家族の安全確保を第一とし、保健所の指導及び当社で予め定めた対応方針に従い、当該拠点の一部または全体の閉鎖や該当エリアの消毒、感染者の行動歴の特定や濃厚接触者の調査・特定および就業制限等を実施します。

ページトップへ


Copyright(c) 2012- TOSHIBA COMMUNICATIONS INFRASTRUCTURE SYSTEMS CORPORATION,All Rights Reserved.