Japan
メニュー
ヘルプ
閉じる

Japan

東芝トップページ > 研究開発・技術 > AI技術カタログ > 重粒子線治療向け腫瘍追跡

東芝AI技術カタログ

メディア解析・処理画像解析・処理

重粒子線治療向け腫瘍追跡

X線透視画像から腫瘍位置を追跡して治療の精度を高めます。

  • ・腫瘍の画像パターンの学習や、腫瘍と連動して動く臓器との位置関係の学習により、見えにくい腫瘍も高精度に追跡できます。
重粒子線治療向け腫瘍追跡イメージ
  • ※再生ボタンをクリックすると、YouTubeに掲載している動画が再生されます。
  • ※YouTubeは弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

応用先

  • ・重粒子線治療装置

ベンチマーク・強み・実績

問い合わせ窓口

東芝研究開発センターへのお問合せ

問合せの際はタイトル[AI技術カタログ:重粒子線治療向け腫瘍追跡]やURLを文面に含めてください。
本技術は研究開発中のためご要望にすぐに対応できない可能性があります。

参考文献:

  • ・Y. Sakata, et al., “Marker-less Tumor Tracking for Lung Cancer by Tumor Image Pattern Learning,” Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., vol.96(2S), pp.E651, 2016.
  • ・R. Hirai, et al., “Real-time tumor tracking using fluoroscopic imaging with deep neural network analysis,” Physica Medica 59: 22-9, 2019.
  • ・R. Hirai, et al., “Regression Model of Tumor and Diaphragm Position for Marker-Less Tumor Tracking in Carbon Ion Scanning Therapy for Hepatocellular Carcinoma,” Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., vol.96(2S), pp.E639-E640, 2016.
  • 金属のマーカーを体内に埋め込まず腫瘍を捉える重粒子線がん治療向けの技術を開発