Japan
メニュー
ヘルプ
閉じる

Japan

東芝AI技術カタログ

メディア解析・処理信号解析・処理

音響異常検知

入力画像のノイズ量変化に適応して、高精度にノイズを除去します。

  • ・独自のVariational AutoEncoder手法によって、未知のノイズの影響を受けずに、微弱な劣化音を検知することが可能になりました。
  • ・インフラ設備向け劣化診断への活用を目指します。
音響異常検知イメージ

応用先

  • ・設備機器の劣化診断
  • ・製造現場の音響検査

ベンチマーク・強み・実績

  • ・未知ノイズが重畳した音響信号でも機器の劣化度合いを高精度(相関係数0.99)に推定可能(日本音響学会 2019年秋季研究発表会)

問い合わせ窓口

東芝研究開発センターへのお問合せ

問合せの際はタイトル[AI技術カタログ:音響異常検知]やURLを文面に含めてください。
本技術は研究開発中のためご要望にすぐに対応できない可能性があります。

参考文献:

  • ・柳橋宏行, 他, “AutoEncoderによる機器劣化兆候早期検知の検討”,日本音響学会 2019年秋季研究発表会, 2019.