東芝エレクトロニックシステムズ株式会社

お問い合わせ

サイトマップ


ホーム事業概要コア技術応用事例製品情報会社概要
応用事例

トップ > 応用事例 > 災害対応傷病者情報管理システム 背景

災害医療への個体識別技術 活用事例

災害対応傷病者情報管理システム
「 ICタグ + スマートフォン 」を災害用電子カルテとした診療情報管理システム

 背景

各都道府県に設置されている災害拠点病院では、大規模災害が発生した際に多数の傷病者を受け入れる責務があります。 災害発生時には対策本部と院内救護所を設営し、短時間のうちに来院する多数の傷病者に治療を施さなければなりません。
また、被災地や現場救護所においては、様々な症状の傷病者から重傷者を選別し、安定化処置をし、可能な限り急いで病院へ搬送しなければなりません。

いわば、混乱した状況の中、「限られた人材・医療資源のもと、生命の危機にある重症者を優先して治療する」という日常とは異なる特殊な医療活動が行われます。

災害時の医療活動で最も重要なことは、多数の傷病者情報(容態や人数)を可能な限り正確かつリアルタイムに把握し、傷病者全体に対する最も効果的な治療方針を決定することです。
これまでの傷病者情報の記録には、手書きの紙製カルテであるトリアージタグが用いられていました。 しかし、紙という性質から破れたり、雨で濡れてにじむなどの問題があり、正確な診療状況を維持することが難しく、さらに、同時期に発生する多数の傷病者情報を紙製カルテだけで管理することは極めて困難でした。

大阪急性期・総合医療センター様では、災害という特殊な状況下でも、正確かつリアルタイムな情報収集と共有化を図れる方法を模索していました。 議論を尽くす中、情報の記録先としてICタグを、情報の記録・閲覧・発信する装置としてスマートフォン用いた災害対応傷病者情報管理システムの発想が生まれました。 トリアージタグのこれまでとこれから

このページのトップへ

 使えるシステムを目指し、現場医療従事者の声を最大限に活かす

単にスマートフォンとICタグを使用して情報を電子化しただけでは「使えるシステム」にはなりません。また、災害医療現場で利用してもらうには、「とにかく負担を少なく」することが絶対条件です。

我々は、現状の問題点をきちんと把握したうえでシステムを構築する必要があると考え、紙ベースによるトリアージ作業の課題を洗い出し、目標を決めシステム開発に取り組みました。

開発コンセプトを、「DMAT活動に沿った傷病者救護のための強力な支援ツール」とし、特にこだわった点が、傷病者と向き合う時間の確保と入力作業の負担軽減です。 傷病者の診療を妨げることなくシステムのベースとなる情報を入力してもらえる、そういう仕組みが必要だと考えました。
もし、これが実現できなければ、「使い方がわからない」「入力情報が多くて面倒」といった理由から、リアルタイムでの情報入力が進まず、利用されないシステムになってしまうことは間違いありません。
そうならないために、大阪急性期・総合医療センター様の医師、看護師、業務調整員(いずれもDMAT所属で災害医療に従事される方)と幾度となく協議をし、システムに反映させる作業を繰り返しました。

災害という特殊な状況下で「使えるシステム」を実現するためには、現場医療従事者の声を最大限に取り入れ活かすことです。
”現場の声”、その集大成が災害対応傷病者情報管理システムです。

このページのトップへ

 コラム

 ~災害医療とトリアージ~

災害時には、DMATと呼ばれる災害派遣医療チームが、救援活動のさなか医療活動を行います。

災害医療とは、 Triage(選別)、Treatment(応急処置)、Transportation(搬送)のことで、救出された
傷病者に対して、重症度と緊急性から優先度を決め応急処置をしつつ、 適切な医療機関へ搬送
する ことです。
Triage、Treatment、Transportation この頭文字をとって「災害医療」の3Tと呼ばれています。
傷病者の容態は時間とともに刻々と変わるため、この3Tの各段階において幾度となくトリアージ作業(症度判定)が行われています。

トリアージ作業にはトリアージタグと呼ばれる紙製のカルテが用いられており、氏名、年齢、性別、症
状などを記載する欄と、症状度合いによって先端を切り取り傷病者の状態を4色で表す区分とで構成
されています。

手書きのため転記ミス、傷病者による改ざん、破れやにじみなど、紙であることでの課題が多く存在
します。

トリアージタグ

※図を拡大表示する(別ウインドウで開きます)

English

このページのトップへ

Copyright