東芝映像ソリューション株式会社

青森事業所

ISMS基本方針

 東芝映像ソリューション株式会社青森事業所(以下、当社という)は、保有する情報の資産的価値を認識し、情報の適正な管理を行い、情報に係わるリスクを低減・回避するためのマネジメントシステムを構築することにより、社会から高く評価して頂ける企業を目指したいと考えております。そのため、情報セキュリティを当社の基本的な文化とする目的で、その方針を明文化したISMS基本方針を策定しました。今後はこのISMS基本方針を遵守し、高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

  1. 情報セキュリティマネジメントシステムの構築、運用及び継続的改善
    当社が保有する全ての情報資産の保護に努め、情報セキュリティの関連法規制、その他の規範、並びに契約上のセキュリティ義務を遵守することにより、社会からの信頼を得られるよう、ISO/IEC27001:2013に準拠した情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、運用し、継続的な改善を実施します。
  2. 情報セキュリティに関する規定及び監査体制の整備・充実
    ISMS基本方針に基づいた規定を整備し、個人情報を含む情報資産全般の取り扱いについて明確な方針を示すと共に、情報漏えいに対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。また、ISMSが有効に機能していることを確実にするための監査体制を整備し実施します。
  3. 情報セキュリティ対策を反映したシステムの実現
    故意や偶然、環境という区別に関係なく、情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、破壊、利用妨害から保護する管理策を反映したシステムを実現します。
  4. 情報セキュリティを理解し活用する能力の向上
    当社の従業員に情報セキュリティに係わる教育を徹底し、全員が情報セキュリティを理解し活用する能力を向上させ業務を遂行できるようにします。
  5. 違反への対応
    ISMS基本方針、情報セキュリティマネジメントシステムの関連法規制、契約、社内規定に関し違反する行為があった場合は、社内規定に基づいて、適切な処置を行います。
  6. 外部委託先の管理体制支援
    外部委託を行う際には、外部委託先を審査し、セキュリティレベルが適切かを確認すると共に必要な支援を行い、管理強化に務めます。

2016年7月1日

東芝映像ソリューション株式会社
青森事業所

ページの先頭へ