東芝映像ソリューション株式会社

2014年12月4日
東芝ライフスタイル株式会社

導入や運用の簡便性を追求したデジタルサイネージ「スマホでサイネージ」などを発売
-スマートフォンの専用アプリで簡単コンテンツ作成、無線送信で大画面表示が可能-

 当社は、小売店などの店頭向けとして導入や運用の簡便性を追求したデジタルサイネージ「スマホでサイネージ」などを、本日12月4日から発売します。

スマホでサイネージ

 「スマホでサイネージ」は、インターネット接続環境やパソコンがなくても、スマートフォンやタブレット上の専用アプリを使って、表示コンテンツを簡単に制作できます。表示コンテンツはセットで提供される無線LAN機能搭載SDHCメモリカード「FlashAir™」(東芝製)を経由して送信し、大画面42/47型液晶ディスプレイに表示することができます。

 また、あらかじめUSB メモリーに保存した画像を表示する機能のみに対応した、よりお求めやすいお手軽サイネージディスプレイも用意しました。両商品ともに標準セットには、簡便な組み立てや設置が可能なイーゼルスタンドを付属しています。さらに、万一の不具合発生時も安心の1年間オンサイト保守サービスを標準で提供します。

 新商品は東芝グループその他販売パートナー各社営業窓口に加え、オンライン直販サイト「Toshiba Direct」(http://toshibadirect.jp/)を通じて販売します。

新商品の概要

商品名 型名 ディスプレイ 配信方法 スタンド 価格 発売日
スマホで
サイネージ
42J8SNG
-FS
42型 700cd/m2
縦型・横型
両置対応
USBメモリー・
スマート
フォン・
タブレット
イーゼル
スタンド
(標準
セットに
付属)
オープン
価格
12月4日
47J8SNG
-FS
47型
お手軽
サイネージ
ディスプレイ
42J8SNG
-S
42型 USBメモリー
47J8SNG
-S
47型
  • ※ 両商品ともにイーゼルスタンド無しでの販売もいたします。壁掛け・天吊りにも対応しています。
  • ※ スマートフォン、タブレットからの配信の場合はアプリから静止画(JPEG)を取り込んで無線LAN配信。USBメモリーからの再生は静止画(JPEG)と動画(MP4)に対応しています。

新商品の主な特長

1.様々な現場のニーズに合わせ、簡単・迅速に大画面表示可能(42J8SNG-FS・47J8SNG-FSのみ)

(1)国内初注1、スマートフォンやタブレットの専用アプリ注2上のテンプレートを使い、表示コンテンツを簡単に作成することができます。

スマホでサイネージのコンテンツ制作イメージ

(2)作成したコンテンツは無線LANで大画面ディスプレイに送信し、表示することができます。

スマホでサイネージのコンテンツ転送イメージ

(3)スマートフォンやタブレットで撮影した写真データを表示可能です。

(4)市販の写真アプリを使い、写真上に絵や手書き文字を書き込み、「スマホでサイネージ」専用アプリを使って手書きPOPのように表示させることもできます。

(5)100台以上の導入については、お客様の活用方法に応じたアプリのカスタマイズ(有償)が可能です。

  • 注1 当社調べ。(デジタルサイネージとして)
  • 注2 Google Play™からダウンロードしてお使いいただけます。(Android™ Ver4.4・4.2.2に対応)
    iPhone対応アプリは2015年2月リリース予定。

2.USBメモリーによるコンテンツ配信に対応

 パソコン上でパワーポイントを使って静止画として保存し作成したコンテンツや、専門業者の作った静止画・動画ファイルをUSBメモリーに書き込んで配信することが可能です。

3.縦置き・横置きの両方に対応し、イーゼルスタンドで簡単設置

 縦置き・横置きの両方に対応しています。標準セットに付属しているイーゼルスタンドを活用すれば、自分で簡単に組み立て、設置を行うことができます。また、壁掛けや天吊りにも専用の金具(別売)で対応します。万一の不具合発生時も安心の1年間オンサイト保守サービスを提供しているので、お客様が自分で梱包をしたり発送の手配をする必要がありません。

4.電源オンで自動再生

 事前にコンテンツを登録しておけば、ディスプレイの電源を入れるだけで自動的にコンテンツの再生が始まります。リモコンを使った操作を毎回行う必要がありません。

5.無線LAN搭載でコンテンツ更新が簡単(42J8SNG-FS・47J8SNG-FSのみ)

 壁掛けや天吊りなどで手の届かない場所に設置した場合でも、無線LANを搭載しているので、手元のスマートフォンやタブレットから簡単にコンテンツの更新を行うことができます。

6.高輝度700cd/m2パネルを採用。液晶テレビ「レグザ」で培った高画質技術を搭載

さまざまな設置場所での高い視認性を実現する700cd/m2の高輝度IPS(In Plane Switching方式)液晶パネルを採用しています。さらに、液晶テレビ「レグザ」で培った高画質化技術を搭載しているので、クリアで見やすい情報表示やリアリティあるコンテンツ表示が可能です。

 商品の詳細についてはホームページ http://www.toshiba.co.jp/vs/ をご覧ください。

  • ※ Android、Google Playは、Google Inc.の商標です。
  • ※ FlashAirは、株式会社東芝の商標です。
  • ※ その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

添付資料

 掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

東芝ライフスタイル株式会社のビジュアルソリューション事業本部で行っていた映像事業およびその関連事業は、
2016年6月30日付の吸収分割による承継により、2016年6月30日以降は東芝映像ソリューション株式会社が行っています。

ページの先頭へ