東芝映像ソリューション株式会社

2015年11月17日
東芝ライフスタイル株式会社

見やすく高精細の液晶画面と大口径スピーカー搭載の防水対応ポータブルテレビの発売について
-IPS液晶を採用、Bluetooth®やSeeQVault™にも対応

 当社は、10.1V型広視野角、高精細のIn Plane Switching (IPS)液晶と40mmの大口径スピーカーを採用したレクザポータブルテレビ「10WP1」を11月27日から発売します。

10WP1

 新製品は、広視野角・高精細の見やすい10.1V型IPS液晶(画素数は1366×768)を搭載しているため、家事や仕事の合間に画面を斜めから見てもしっかりと見やすい映像を映します。操作は、画面下部のタッチキーで簡単にできます。また、大口径40mmスピーカーを左右に搭載しているため、料理中や入浴中、屋外などの騒がしい状況でも聞き取りやすい音声で楽しめます。Bluetooth®にも対応注1しているため、スマートフォンからBluetooth®で接続してスピーカーとして音楽を聴くこともできます。

 さらに、地デジ/ワンセグチューナー注2、バッテリー内蔵に加え、防水対応(JIS防水保護等級IPX5 相当注3)のため、ぬれた手で操作注4できます。バッテリーでのテレビ連続視聴が、通常で約3時間注5、「節電モード注6」では約4時間可能なため、停電時の情報収集にも役立ちます。

ぬれた手でも操作できる リモコンも防水対応 斜めからでも見やすい

 無線LAN対応のため、リビングのテレビやレコーダーで録画した番組を別室の本機に配信すれば、家中どこでも楽しめます(レグザリンク・シェア対応注7)「タイムシフトマシン」対応のテレビやレコーダーで録画した番組なら、リモコンの「過去番組表」ボタンを押すだけで、放送済みの過去番組表を表示し、見たい番組をすぐに再生できます。

 ライブ配信機能(放送中の番組を受信して配信する機能)に対応したレグザブルーレイとネットワーク接続すれば、レグザブルーレイで受信したBSデジタル110度CSデジタル放送の番組のリアルタイム視聴が可能です。

テレビやレコーダーに保存した番組を別の部屋で視聴可能

 加えて、SeeQVault™に対応しています。SeeQVault™対応のUSBハードディスク、SDメモリカードに記録された録画番組注8が再生できます。例えば、映像や写真だけでなく、自宅のSeeQVault™対応レグザやレグザブルーレイで録画したハイビジョン番組もSeeQVault™対応のUSBハードディスクやSDメモリカードにダビングして本機に装着すれば視聴可能です。

SDカード、USBメモリを挿入してメディアプレーヤーとして使用

  • 注1 Bluetooth®では、あらかじめ接続する機器を登録(ペアリング)しておく必要があります。ペアリング操作は、一度行えば次回からは不要です。本機は最大8台までペアリングできます。9台目以降をペアリングすると、登録が最も古い機器から順に消去されます。再度お使いいただく場合には、ペアリングをやり直してください。
  • 注2 地域・場所によっては受信状態が悪かったり、全く受信できなくなったりする場合があります。
    地上デジタル放送の視聴には、付属の地上デジタル放送用アンテナケーブルの接続が必要です。ワンセグ放送を視聴する場合は、内蔵アンテナを伸ばしてください。アンテナ端子へ地上デジタル放送用アンテナケーブルまたは整合器を接続すると、外部アンテナに切り換わりますので内蔵アンテナをお使いになるときは、アンテナ端子には何も接続しない状態でお使いください。
  • 注3 本機はJIS防水保護等級IPX5相当の防水性能を実現しています。IPX5(噴流に対する等級)とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、本機としの機能を有する事を意味しています。防水に関する注意事項について詳しくはカタログまたは、商品紹介ページhttp://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/ をご覧ください。
  • 注4 水のかかる場所ではACアダプターを接続しないでください。水滴が付いたまま放置しないでください。
    ご使用後は、乾いたやわらかい布でふいてください。湿気の多い場所に放置しないでください。
  • 注5 25℃、ヘッドホーン使用、新品のバッテリーパック使用、節電モード「切」、無線LAN電源設定「切」、使用開始の時点。バッテリーパックでの連続使用時点は目安であり、使用状態、使用条件、使用周囲温度などの影響で異なります。低温の環境で使用すると、連続使用時間が短くなります。
  • 注6 節電モードを「入」にすると画面の明るさが暗くなります。
  • 注7 本機能を使用するには、家庭内ネットワーク(無線LAN)で対応のレグザもしくはレグザブルーレイ/レグザサーバーと接続する必要があります。無線LANを使用するためにはアクセスポイントが必要です。
    ご使用の環境、電波状況、ネットワーク速度などにより、映像や音声が途切れたり、正常に視聴できないことがあります。機器によっては、動作が不安定になることや、うまく動作しないことがあります。
    すべての動作を保証するものではありません。機能の詳細や注意事項、動作確認済み機器については当社ホームページ[www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd]をご覧ください。
  • 注8 当社のSeeQVault™対応レグザやレグザサーバー/レグザブルーレイで録画した番組をSeeQVault™形式に変換して記録した番組が対象です。SeeQVault™対応機器でもデーターの記録フォーマットなどが異なる場合もあり、他社のSeeQVault™対応機器で記録された番組の再生を保証するものではありません。

 SeeQVault™は、NSM Initiatives, LLCの商標です。SD、SDロゴ、SDHC、SDHCロゴは、SD-3C,LLCの商標です。DLNA CERTIFIEDロゴは、Digital Living Network Allianceの商標です。"Wi-Fi CERTIFIED"ロゴは、"Wi-Fi Aliance"の認証マークです。Wi-Fi Protected SetUpのマークは、"Wi-FiAliance"の商標です。
Blu-ray Disc™ (ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

 新製品の主な仕様については、以下の弊社ホームページをご確認ください。
http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/lineup/10wp1/spec.html

 掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

東芝ライフスタイル株式会社のビジュアルソリューション事業本部で行っていた映像事業およびその関連事業は、
2016年6月30日付の吸収分割による承継により、2016年6月30日以降は東芝映像ソリューション株式会社が行っています。

ページの先頭へ