東芝映像ソリューション株式会社

2016年4月19日
東芝ライフスタイル株式会社

IPS方式パネル採用、タイムシフトマシンも楽しめる高画質プレミアム4Kレグザ
「Z700Xシリーズ」の発売について
―地デジ6チャンネルを同時にチェックできる「まるごとチャンネル」対応―

 当社は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、レグザ最上位の高画質処理エンジンと広視野角注1IPS方式パネルを採用することで、斜めから見ても明るく鮮やかな高画質を実現した55V型、49V型、43V型の4Kレグザ「Z700Xシリーズ」を4月21日から発売します。

4KレグザZ700Xシリーズ

 新製品は、映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」と、画面のエリアごとに輝度を調節するエリアコントロールを採用した全面直下LEDバックライトを搭載しています。これにより輝きと引き締まった黒を表現するとともに、超解像技術などのさまざまな映像復元技術により、精細で色彩豊かなリアリティある映像を再現します。

 放送済みの番組をいつでも好きなときに見られる「タイムシフトマシン」注2に加え、新たに、最大6つの地デジ裏番組を同時に表示できる「まるごとチャンネル」注3を搭載しています。これにより番組を見ながら他のチャンネルの番組を確認できます。

 さらに番組名、ジャンルやタレント名などから好きな番組をすぐに見つけられる「みるコレ」注4を搭載し、興味のある地デジ/BS/110度CSデジタルの番組を自動的に録画する「おまかせ録画」に対応しています。また、さまざまな動画配信サービスに対応し、新たに動画配信サービスdTV注5にも対応しました。さらに、Netflix注5やひかりTV 4K注5の4K HDRコンテンツが視聴できるようになりました。

 また、正面から見えないように配置された「ラビリンスバスレフ型BOX」採用スピーカーで、視聴を妨げることなくクリアな高音質が楽しめます。さらに、「シンクロドライブ」方式に対応しており、別売のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」と組み合わせることで、テレビのスピーカーとサウンドシステムを同時に再生でき、迫力ある豊かな重低音を楽しめます。

 今回、「Z700Xシリーズ」発売を記念して、期間中対象となるレグザ純正USBハードディスクとサウンドシステム「RSS-AZ55」を同時にご購入いただくと30,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施します。詳細はレグザのキャンペーンページをご覧ください。[http://www.toshiba.co.jp/regza/campaign/c_back/index_j.html]

キャンペーン対象商品

新製品の概要

商品名 シリーズ 形 名 画面サイズ 価 格 発売日
液晶テレビ
「4Kレグザ」
Z700X 55Z700X 55V型 オープン 4月21日
49Z700X 49V型
43Z700X 43V型

商品化の背景と狙い

 近年、リビングテレビの買い替え需要が大型モデルを中心に回復し、4Kコンテンツも増加する中、大画面で高画質を楽しむ4Kテレビの需要が拡大しています。このような環境の中、当社は映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」と広視野角注1IPS方式パネルを組み合わせて4K映像の高画質を実現しながら、タイムシフトマシンやネットワークを利用した自動録画など録画機能の充実した製品を商品化し、4Kテレビ市場でのシェア拡大を図ります。

新製品の主な特長

1.全面直下LEDバックライト/エリアコントロール

 「全面直下LEDバックライト」を採用し、画面のエリアごとに分割されたLEDの輝度を調整することで、輝きと引き締まった黒を表現し、コントラスト感あるリアルな映像を再現します。

2.広視野角注1IPS方式パネル

 視野角の広いIPS方式パネルを採用したことで、斜めから見ても明るく鮮やかな高画質が楽しめます。さらに画面表面の反射防止層により映り込みを低減し、明るい部屋でもコントラストの高い映像を再現します。

3.新映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」

 超解像技術をはじめとするさまざまな画像復元技術を搭載し、質感・立体感・精細感を高め、「全面直下LEDバックライト」との相乗効果によって高画質を実現しました。

4KレグザエンジンHDR PRO

(1)「アドバンスドHDR復元プロ」

 カメラ撮影時に圧縮される高輝度映像を、新アルゴリズムを用いて輝度ヒストグラムから圧縮特性を高精度に推定して復元することにより、映像の立体感、精細感、色彩をリアルに再現します。

照りつける日差しや日の光を浴びる物体の輝きを再現

(2)「4K広色域復元プロ」

 

 映像送信の際に圧縮されて失われる本来の色域を復元して色表現領域を拡大することで、自然で豊かな色を再現します。拡大したパネルの色域を活用し、色表現領域がさらに拡大しました。6144項目のデータベースを参照し、64色軸による高精度な色空間変換を行うほか、新たに低彩度の色の補正機能を強化し、淡い色の繊細なニュアンスなど、オリジナルに近い自然な色を再現します。

(3)「4KマスターリファインPRO」

 精細でクリアな映像を再現するため、動いているシーンのノイズ低減処理を強化するとともに、画面の部分ごとのノイズ量に応じて複数フレーム超解像処理とノイズ低減処理を適切に組み合わせた、「ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像」を搭載しました。また、さまざまな角度の斜めエッジに対応した「マルチアングル自己合同性超解像」により、特にアニメやゲームなどの映像や字幕の斜めエッジをよりなめらかにします。さらにエッジ周辺に発生しがちなモスキートノイズを抑える「絵柄構造適応型MPEG-NR」でクリアな映像を実現します。特にいつも見ている地上デジタル・BSデジタル放送、ブルーレイソフトがよりクリアな映像で楽しめます。

(4)HDRフォーマット入力対応

 HDMI®入力時、Ultra HD Blu-ray™のHDR(ハイダイナミックレンジ)規格映像に対応するのに加えて、Netflix注5や、ひかりTV 4K注5が行うHDR配信サービスにも対応しており、HDRフォーマットコンテンツのリアルで立体感ある精細な映像が高画質で楽しめます。

4.「タイムシフトマシン」注2

 放送済みの番組をいつでも好きなときに見られる「タイムシフトマシン」に対応しており、利便性、快適性が向上しています。

  • 「始めにジャンプ」注6
    放送中の番組を、ボタン1つで番組の冒頭から楽しむことができます。
  • 「過去番組表」
    放送済みの番組を一覧で表示する過去番組表から見たい番組を簡単に選んで見られます。
  • 「ざんまいスマートアクセス」注7
    タイムシフトマシンで録画した番組や通常録画した番組の中から、見たい番組がすぐに楽しめます。タイムシフトマシンや通常録画した番組はもちろん、ネット動画や好きなタレントの出演シーンなど、見たいコンテンツへさらにスムーズにアクセスできます。

始めにジャンプ 過去番組表 ざんまいスマートアクセス

5.「まるごとチャンネル」

 放送や録画番組を楽しみながら、放送中の地デジ番組最大6つのチャンネルを同時に表示可能です注3。オンエア中の地デジ番組がひと目でわかります。

まるごとチャンネル

6.「みるコレ」サービス

 「みるコレ」注4では、“タレント別”、“スポーツチーム別”、“大人向けアニメ”など、細かく分類された特定テーマから番組やシーン、ネット動画などを選び、すぐに再生して楽しめます。また、そのテーマに関連する番組が自動録画予約できる「おまかせ録画」の設定も可能で、地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送番組で見たい番組を見逃すことが少なくなります。さらに「みるコレパック」で表示されるコンテンツに、映画・ドラマ・アニメ・ライブなど、多彩なジャンルが見放題で楽しめる「dTV」注5が新たに加わり、見られるコンテンツの幅が広がりました。

みるコレ

7.さまざまな動画配信サービスに対応

 Netflix、dTV、DMM.com、TSUTAYA TV、U-NEXT、アクトビラビデオ・フル、クランクイン!ビデオなど、さまざまな動画配信サービスに対応しています注8。新たに、Netflix注5やひかりTV 4K注5の4K HDRコンテンツが視聴できるようになりました。リモコンの「クラウドメニュー」ボタンを押せば、話題の映画、ドラマ、アニメなどの豊富なラインナップの中から、好きなものを好きなときに、テレビの大画面で楽しむことができます。

8.クリアな高音質

 前面から見えないように配置された「ラビリンスバスレフ型BOX」採用スピーカーで、視聴をさまたげることがなくクリアな高音質が楽しめます。さらに、従来比注94倍に細分化したイコライザーで低音域から高音域までの緻密な補正を行う「レグザサウンドイコライザアドバンス」で、豊かな音質を実現します。

ラビリンスバスレフ型BOX

9. シンクロドライブ対応

 別売のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」と組み合わせることで、テレビのスピーカーとサウンドシステムを同時に再生でき、迫力ある豊かな重低音を楽しめます。

10.「クリア音声」

 当社独自注10の音源分離技術により、人の声を聞き取りやすくします。リモコンのクリア音声ボタンを押すだけで、映画やドラマではセリフを明瞭に、バラエティ番組では背景音を抑え、深夜に小音量で聞くときも、はっきり聞き取りやすい音声になります。

11.「SeeQVault ™」対応

 USBハードディスクに録画した番組を、SeeQVault™対応のUSBハードディスクやSDメモリカード注11にSeeQVault™形式で記録すると、別の対応機器注12に接続してすぐに再生できます。将来テレビを買い替える時も、簡単に録画番組を引っ越しできます注13。また、対応レコーダーに接続すれば録画番組をブルーレイディスクに残すことも可能です。さらに、レコーダー注14でSeeQVault™対応のUSBハードディスクにバックアップした番組も、対応のレグザ注15に接続して再生することができます。また、SeeQVault™対応のSDメモリカードにSeeQVault™形式で録画した番組を記録することで、スマートフォンやタブレットなど注16を使って外出先でも視聴できます。

12.環境への配慮

 電子・電気部品に鉛フリーはんだを使用するなど、EUのRoHS指令注17、およびJ-Moss注18に適合する対応をしています。

 詳細は商品紹介ページ http://www.toshiba.co.jp/regza/ をご覧ください。

添付資料

 Blu-ray DiscTM(ブルーレイディスク)、Blu-ray ™(ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray ™は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標です。
SeeQVaultは、NSM Initiatives LLCの商標です。
その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

  • 注1 上下左右178度、JEITA測定方法による。コントラスト比10:1が確保できる角度
  • 注2 別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクが必要です。タイムシフトマシン機能を用いてお客様自身が設定して録画した一時保管中の番組に限ります。
  • 注3 それぞれのチャンネルを順次間欠的に更新して表示します。
  • 注4 「みるコレ」についての詳細はレグザクラウドサービス「TimeOn」ページ[http://www.timeon.jp/]をご覧ください。
  • 注5 YouTube™、Netflix 、dTV 、については、それぞれ2016年4月にソフトウェアアップデートで対応予定です。dTVについて詳細は(http://video.dmkt-sp.jp/)をご参照ください。Netflixについて詳細はNETFLIX.JPをご参照ください。ひかりTV 4Kについて詳細は(http://www.hikaritv.net/4k/)をご参照ください。
  • 注6 本機能は、タイムシフトマシンや録画番組に対して動作します。
  • 注7 別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクが必要です。「タイムシフトマシン」及び「タイムシフトリンク」で接続された機器のタイムシフトマシンで録画した番組が対象となります。
  • 注8 各ネットサービスのサービス名称およびサービスの内容は予告なく変更・終了する場合があります。TimeOnの各サービスのご利用にはインターネットへの接続環境が必要です。詳しくはネットワークに関するご注意をご覧ください。[http://www.timeon.jp/
  • 注9 当社2013年発売の製品Z8Xとの比較において。
  • 注10 特許出願中
  • 注11 本機はSDメモリカードスロット端子を搭載しておりません。側面のUSB端子にSeeQVault™対応microSDカードリーダーを接続してください。
  • 注12 対象はSeeQVault™対応の東芝ブランドのテレビやレコーダー、PCであり、他社機器での動作を保証するものではありません。また、レグザでの録画時は通常録画番組として録画されますので、録画後にSeeQVault™形式へ変換する必要があります。
  • 注13 SeeQVault™対応の東芝ブランドのテレビやレコーダー、PCが対象です。対応のUSBハードディスクやSDメモリカードには、引っ越し用としてSeeQVault™形式で記録しておく必要があります。
  • 注14 対象はSeeQVault™対応のレグザサーバー/レグザブルーレイです。
  • 注15 録画後にSeeQVault™形式へ変換する必要があります。録画番組を他の機器で視聴する場合、対応のUSBハードディスクやSDメモリカードにはSeeQVault™形式で記録しておく必要があります。
  • 注16 すべての機器での動作を保証するものではありません。また、視聴にはSeeQVault™対応のSDメモリカードリーダーなどの機器とSeeQVault™対応プレーヤーアプリが必要です。
  • 注17 RoHS: Restriction of the use of certain Hazardous Substances EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
  • 注18 JIS C 0950(電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法)に沿ってJ-Mossマーク表示を行っています。

 掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

東芝ライフスタイル株式会社のビジュアルソリューション事業本部で行っていた映像事業およびその関連事業は、
2016年6月30日付の吸収分割による承継により、2016年6月30日以降は東芝映像ソリューション株式会社が行っています。

ページの先頭へ