東芝映像ソリューション株式会社

2016年07月29日
東芝映像ソリューション株式会社

業界初注1「4KレグザZ20Xシリーズ」 スカパー!4K HDR放送対応のバージョンアップについて

当社は液晶テレビ「4Kレグザ Z20Xシリーズ」について、「スカパー!プレミアムサービス」で放送開始予定の「Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ・HLG)」方式注2のHDR放送に対応するバージョンアップを、2016年8月下旬から開始いたします。

このバージョンアップにより、「スカパー!プレミアムサービス」の「スカパー!4K 体験」をご視聴いただいているお客様は、これまでの4K放送に加えて、2016年10月から一部時間帯で放送予定の4K HDR放送を、従来よりも立体感、奥行き感あるリアルな映像でお楽しみいただけるようになります注3

また、今回同時に地上デジタル放送などのHDR信号でない映像においても画質向上のバージョンアップを実施します。明るいシーンでの人物の顔の立体感や肌の質感などがさらに向上します。

【対象製品】
Z20Xシリーズ(65Z20X/58Z20X/50Z20X)
【ダウンロード予定時期】
放送波ダウンロード、サーバーダウンロード 2016年8月下旬
  • 注1 2016年7月29日現在国内で販売されている4Kテレビとして、業界で初めてHLG方式のHDR放送に対応
  • 注2 Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ・HLG)は、日本放送協会(NHK)と英国放送協会(BBC)が共同で開発し、一般社団法人電波産業会(ARIB)で標準化されたHDRテレビ方式です。従来のテレビ方式との高い互換性を保ちながら、明暗の表現において従来よりも広いダイナミックレンジを持ち、自然な描写が可能になります。
  • 注3 ダウンロード方法および日程の詳細は決まり次第、レグザホームページ、ソフトウェアダウンロード情報にてお知らせいたします。

ページの先頭へ