東芝映像ソリューション株式会社

2018年3月26日
東芝映像ソリューション株式会社

Google アシスタントを搭載したスマートスピーカーによる
4Kレグザの音声操作対応の開始について

 当社は4Kレグザ X910、Z810X、BZ710X、M510X、C310Xシリーズについて、 Google Home などの Google アシスタントを搭載したスマートスピーカーによる音声操作に対応するバージョンアップを、本日から開始いたします。
 この対応により、たとえば「Ok Google、レグザを使って1チャンネルが見たい」とスマートスピーカーに話しかけてチャンネルを変更したり、音量の調整や入力切り換えをしたり、録画番組を始めから見る「始めにジャンプ」を行うなど、スマートスピーカーを使ってテレビのさまざまな操作が行えるようになります。
 本バージョンアップはソフトウェアダウンロードにて無償で実施いたします。

くわしくはレグザホームページの以下URLをご覧ください。
http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/m510x/function_05.html#ok_google

  • ※ 4Kの画素数は3,840×2,160です。
  • ※ Google、 Google Home は Google LLCの商標です。
  • ※ 本機能を使用するためには、インターネットへの接続が必要です。
  • ※ 本ページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ