東芝映像ソリューション株式会社

2018年5月8日
東芝映像ソリューション株式会社

日本初のBS/CS 4Kチューナー内蔵テレビ、
4K液晶レグザ「M520Xシリーズ」、「BM620Xシリーズ」の発売について

 当社は、日本初注1となるBS/CS 4Kチューナーを内蔵した4K液晶レグザ「M520Xシリーズ」4機種(65V型、55V型、50V型、43V型)と、迫力と臨場感あふれる高音質を実現したBS/CS 4K内蔵重低音バズーカ液晶レグザ「BM620Xシリーズ」3機種(55V型、50V型、43V型)を6月6日から順次発売します。

BS/CS 4K内蔵重低音バズーカ液晶レグザ「BM620Xシリーズ」
BS/CS 4K内蔵重低音バズーカ液晶レグザ
「BM620Xシリーズ」

BS/CS 4K内蔵液晶レグザ「M520Xシリーズ」
BS/CS 4K内蔵液晶レグザ
「M520Xシリーズ」

4Kの画素数は3,840×2,160です。

 新製品は、BS/CS 4Kチューナーを内蔵することで2018年12月1日から始まるBS・110度CSの4K放送をお楽しみいただけます。さらに、新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution」を搭載することで高いビット精度の映像信号処理によって階調性や微小信号再現性が向上し、滑らかなグラデーションやディテールを表現豊かに描き、BS・110度CSの4K放送や地上デジタル放送を高画質に描き出します。
 「BM620Xシリーズ」は、新開発の「重低音バズーカウーファー」とフロントに配置した「クリアダイレクトスピーカー」を搭載し、迫力ある重低音とともにクリアな高音質を実現しています。
 また、別売のUSBハードディスクを接続することで、地上/BS/110度CSデジタルの番組を見ながら、同時刻に放送中の地上/BS/110度CSデジタルの2番組を録画することができます。さらに、好きなテーマの番組を自動的に録画する「おまかせ録画」、2番組を同時に表示する「ダブルウィンドウ」、 音声で操作できるGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー連携注2などのスマート機能でさまざまな視聴スタイルをお楽しみいただけます。
 なお、BS・110度CSの4K放送は、10月以降にお送りする「BS/CS 4K視聴チップ」を製品に装着することでご視聴いただくことが可能となります注3

商品化の背景と狙い

 大画面で高画質な映像を楽しめる4Kテレビの普及が加速するなか、2018年12月1日からBS・110度CSで4K放送が始まり、今後、さまざまな4Kコンテンツを楽しみたいというニーズが拡大します。このような状況の中、当社は業界に先駆けてBS/CS 4Kチューナーを内蔵した高精細で高画質な4Kテレビを商品化することでお客様のニーズに応えてまいります。

新製品の概要

商品名 シリーズ 形名 画面サイズ 価格 発売日
BS/CS 4K内蔵
重低音バズーカ
液晶レグザ
BM620X 55BM620X 55V型 オープン 6月下旬
50BM620X 50V型
43BM620X 43V型
BS/CS 4K内蔵
液晶レグザ
M520X 65M520X 65V型 オープン 6月中旬
55M520X 55V型
50M520X 50V型 6月6日
43M520X 43V型

新製品の主な特長

1.BS/CS 4Kチューナー内蔵

 BS/CS 4Kチューナーをテレビに内蔵することで、BS・110度CSの4K放送6局のチャンネルを今お使いのBSアンテナでお楽しみいただけます注4。また、「SHマーク」のついたアンテナや混合器、ブースターなどに交換することで、すべてのBS・110度CSの4K放送を視聴できます。

2.4K放送や地上デジタル放送を高精細に映しだす新開発映像処理エンジン「レグザエンジンEvolution」

 映像信号処理のビット精度改善により階調性や微小信号再現性が向上し、滑らかなグラデーションやディテールを再現することで、BS・110度CSの4K放送や地上デジタル放送を高画質で映し出します。

レグザエンジンEvolution
「レグザエンジンEvolution」

*写真はイメージです。

  • (1) BS/CS 4K放送を高精細に再現する「BS/CS 4KビューティX」
     細かい絵柄、平坦な絵柄など、ブロックごとに映像を解析し、絵柄に応じて適切な精細感復元処理を行うことでノイズを抑えつつ4Kコンテンツの高精細化を実現します。

BS/CS 4KビューティX
「BS/CS 4KビューティX」

*写真はイメージです。

  • (2) 地上デジタル放送などの映像を高精細に再現する「地デジビューティX」
     映像をテクスチャー部・エッジ部など、ピクセルごとの適した処理による緻密な質感描写と文字周りのクリアな表現を実現します。さらに、映像の動きに合わせたノイズ処理により、ボケ感を低減したクリアな映像を再現します。

地デジビューティX
「地デジビューティX」

*写真はイメージです。

  • (3) 肌の質感を美しく、リアルに再現する「美肌リアライザー」
     明るいシーンでの顔のハイライト部分の色飽和を抑え、階調をきめ細やかに描き出すことで肌の質感をよりリアルに表現します。
  • (4) HDRリアライザー
     緻密なコントラスト制御により、立体感あるリアルな映像を再現します。さらに、色の表現が難しい明るいシーンでもありのままの色彩で描き出します。

HDRリアライザー

*写真はイメージです。

3.レグザの高音質機能

  • (1) 臨場感あふれる迫真の重低音「バズーカオーディオシステム」(BM620Xシリーズ)
     前面に配置した「クリアダイレクトスピーカー」と、新開発の「バズーカウーファー」を搭載し、マルチアンプ駆動により豊かな低音再生と、透明感のあるクリアな音質を再現します。

バズーカオーディオシステム
「バズーカオーディオシステム」

  • (2) 自然でクリアなサウンドを再現する「レグザパワーオーディオ」(M520Xシリーズ)
     剛性を強化したバスレフ型フルレンジスピーカーとレグザサウンドイコライザー・ハイブリッドで低音から高音までバランスの良い迫力あるサウンドを再現します。
  • (3) 人の声を聞き取りやすくする「クリア音声」注5(M520X/BM620X)
     映画やドラマではセリフを明瞭に、バラエティ番組では背景音を抑えて、小音量でも聞き取りやすい音声で楽しめます。

4.充実した録画機能

  • (1) BS・110度CSの4K放送の録画に対応
     別売のUSBハードディスクを接続することで4K番組の録画ができます注6。4K放送の番組表から、簡単に録画予約もできます。
  • (2) 番組を見ながら別の2番組を同時録画できる「BSも地デジも3チューナーW録」
     地上/BS/110度CSデジタル放送用のチューナーを3基搭載することで、地上/BS/110度CSデジタル放送の番組を視聴しながら、同時に別の2番組を録画できます。
  • (3) お気に入りのドラマやアニメが録画予約しなくても楽しめる「おまかせ録画」
     毎回録画予約をすることなく、おすすめのドラマやアニメ、好きなタレントなど、お気に入りのテーマの番組を自動的に録画できます。さらに新開発の「おまかせ録画番組表」では、おまかせ録画された番組から番組表を自動で生成し、一週間分の録画番組をまとめて確認できます。

5.さまざまな機能

  • (1) 2つの番組を同時表示「ダブルウィンドウ」
     画面に2つの番組を表示することができます。放送+外部入力、4K放送+放送などさまざまな組み合わせで表示できます注7。画面表示のサイズ変更や左右画面の入れ替えも可能です。

ダブルウィンドウ
「ダブルウィンドウ」

  • (2) 見たい番組がいつでも楽しめる「みるコレ」
     好きなタレントやジャンルのテレビ番組、ネット動画など、見たいコンテンツを見つけて手軽に楽しめます。対応番組は「シーンリスト」で録画番組の中から見たいシーンにすぐにアクセスすることもできます。また、「次みるナビ」を使えば、視聴中の番組の出演者が出ている別の録画番組などを、すぐに選ぶことが可能です。
  • (3) さまざまな動画配信サービスに対応
     Netflix、YouTube™、Amazon プライム・ビデオ、TSUTAYA TV 、dTVなど、さまざまな動画配信サービス注8に対応しています。さらに、TSUTAYA TVはあらたにリモコンにダイレクトボタンを配置することで、ボタン1つで呼び出すことができるようになりました。
  • (4) 「声」でレグザを快適に操作できる「Googleアシスタント搭載スマートスピーカー連携」注2
     スマートスピーカーに話しかけることで、チャンネルの変更、録画番組を始めから見る「始めにジャンプ」の操作、音量調整や入力切り換えなど、さまざまな操作を行うことができます。

6.高い省エネ性を実現

 回路設計を適正化することで高い省エネ性を実現し、55V型以上のモデルで省エネ性能5つ星を獲得しました。

7.環境への配慮

 EUのRoHS指令注9、およびJ-Moss注10に適合する対応をしています。

  • * 商品詳細については下記URLからご確認ください。
    http://www.toshiba.co.jp/regza/
  • * 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。
  • * 各機能のご利用にはインターネットの接続が必要な場合があります。
  • 注1 BS/CS4Kチューナー内蔵テレビとして(50M520X 2018年6月6日発売予定)
  • 注2 スマートスピーカー連携には別売のGoogle アシスタント 搭載スピーカーが必要です。
  • 注3 詳細は、http://www.toshiba.co.jp/regza/index_j.htm#bscs4k_movieをご参照ください。
  • 注4 現行のBS・110度CS放送がすべて問題なく受信できている場合、ほとんどのご家庭で4K放送が受信できます。
  • 注5 映像メニューが「ゲーム」「モニター/PC」の場合は切り替えられません。
  • 注6 BS・110度CSの4K放送は、録画している番組のみ視聴できます。
  • 注7 4K放送+4K放送、録画番組または動画配信サービス視聴中の2画面表示には対応しておりません。
  • 注8 「Netflix」、「YouTube™」、「DAZN」、「Amazon プライム・ビデオ」、「TSUTAYA TV」、「ひかりTV 4K」、「dTV」、「DMM.com」、「ニコニコ動画」、「U-NEXT」、「クランクイン!ビデオ」、「アクトビラ ビデオ・フル」に対応しています。詳細については各サービスプロバイダーのウェブサイトをご参照ください。
  • 注9 RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances): EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
  • 注10 JIS C 0950(電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法)に沿ってJ-Mossマーク表示を行っています。
  • * Google、YouTubeは、Google LLCの商標です。
  • * その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • * 各ネットサービスのサービス名称およびサービスの内容は予告なく変更・終了する場合があります。
  • * 動画配信サービスを視聴するためには、ソフトウェアダウンロードが必要な場合があります。

掲載されている情報(製品の価格や仕様、サービスの内容及びお問合せ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ