東芝映像ソリューション株式会社

2018年6月12日
東芝映像ソリューション株式会社

「時短」「スマホdeレグザ」に対応した
レグザタイムシフトマシン新商品の発売について

 当社は、最大7chの全録に対応したレグザサーバー「DBR-M3007/M1007」の後継機として「レグザタイムシフトマシンDBR-M4008/M2008」を2018年6月下旬に発売します。

DBR-M4008/M2008
DBR-M4008/M2008

 レグザサーバーから商品名を改めた新商品レグザタイムシフトマシンは視聴可能時間に応じて絞り込んで番組を選ぶことができる等、従来の時短機能をより進化させました。また、レグザタイムシフトマシン用にカスタマイズされた「スマホdeレグザ」機能注1により、スマートフォンの過去番組表、録画リスト、時短リストで番組を選んでテレビまたはスマートフォンで時短再生を楽しめるほか、テレビで視聴時にはスマートフォンを再生専用リモコンやテレビのサブディスプレイとして使用できるなどスマートフォンとの連携機能が大幅に向上しています。
 さらに、レグザブルーレイで改善された機能や画面も踏襲しておりますので、従来機種と比較して録画リストや番組表などが見やすく使いやすくなったほか、RD-Style商品注2でお馴染みだったプレイリスト編集画面も復刻・進化させましたのでこだわりの編集機能もより便利にお使いいただけます。

新製品概要

商品名 形名 内蔵HDD 価格 発売予定
レグザタイムシフトマシン DBR-M4008/M2008 4TB/2TB オープン 6月下旬

新製品(レグザタイムシフトマシン)の主な特長

1.タイムシフトマシン専用エンジン「R-2」(レグザレコーディングシステム)搭載で市販のブルーレイディスク再生時等でも止まらない全録(最大7ch)を実現

り逃しをなくす究極のレコーダーとして全録機を業界に先駆けて開発してきた当社は全7chを全録している間に市販のブルーレイディスクを再生しても全録を止めることなく実行できるように専用のエンジンを搭載しています。また、全7chのタイムシフト録画設定をしてもタイムシフト録画を実行していない空き時間は最大3番組の同時録画が可能です。

2.「る」「探す」「見る」「残す」の全機能で「時短」を実現注3

 タイムシフト録画や自動録画を活用すれば予約する時間を時短できるだけでなく、時短リストに好きなジャンルやキーワード、人物を設定しておけば該当する番組が録画されるたびに更新されますので番組を探す手間も時短できます。また、録画された番組はチャプターを選択し、自動スキップ再生する「らく見」や更に1.3倍速で再生する「らく早見」ができますので番組の内容を省略することなく時短でお楽しみいただけます。さらに、番組の保存やダビング時におまかせ保存・おまかせダビングを使用すれば面倒な編集作業も省いて「らく見」で再生された部分だけをディスクなどにダビングしますので残すのも時短が可能です。

3.スマートフォンでの使い勝手が大幅に向上した「スマホdeレグザ」注1
番組終了と同時にスマートフォンに持ち出しが可能な録画&タイムシフト録画

 これから行う操作の内容を「放送中番組を見る」や「録画番組を見る」、「過去番組表から見る」「番組を持ち出す」といったわかりやすいメニューから選択できます。番組の視聴先をテレビにするかスマートフォンにするかの選択や時短コースの選択ができ、テレビで視聴していた番組の続きをスマートフォンで視聴することや逆にスマートフォンで視聴していた番組の続きをテレビで視聴することもできますので、より実用的な使い方ができるようになりました。
 また、スマホ優先モードで録画やスマホ高画質・スマホ長時間画質でタイムシフト録画しておけば番組終了と同時注4に番組をスマートフォンに持ち出せます。編集後などで持ち出し変換が必要な場合でも最大3倍速の高速変換が可能になり持ち出すまでの時短も実現させました。さらに、番組表だけではなく予約ランキングからの予約にも対応し、人物名から予約したい番組や視聴したい番組を簡単に選択することができるなどスマートフォンでの使い勝手が大幅に向上しています。お手持ちのスマートフォンをプライベートテレビとして使用したり、スマートフォンだけでリモコン操作することもできますので、今までにない利用シーンをお楽しみいただけます。
 また、本機を購入いただいたお客様には、ずっと使えるDiXiM Playのアプリライセンスキーを無料で提供(2019年6月末までに使用してアクティベーションする必要があります)しますので気軽にお使いいただけます。

4.「タイムシフトリンク」に対応

 本機だけではなくもう1台のタイムシフトマシン対応テレビやレコーダー注5があれば本機で2台分を纏めて過去番組表表示・再生が可能です。また、時短リストで好きなジャンルやキーワード、人物に該当する番組も2台分の表示と再生が可能です。

5.使いやすくなった録画リスト

 毎回予約や毎回保存した番組の自動分類・まとめ表示ができるようになりました。選択した番組の番組名のスクロール表示をやめ2行ポップアップ表示に対応しました。フォルダーは「すべて」と「未分類」を使い方に応じて非表示にできますし、フォルダー内連続再生、フォルダーダビング、変換予定番組をすぐに変換する機能にも対応しました。そのほかにも録画リストの視認性や使い勝手を向上させていますので、より簡単かつ便利にお使いいただけます。

6.見やすくなった番組表&ビジュアル過去番組表

 番組表の文字を識別しやすいようにフォントを改善しました。ジャンルも識別しやすいように配色を変更。番組表や過去番組表の並びをチャンネル番号順に変更することも可能になりました。

7.往年のプレイリスト編集画面を復刻・進化。さらに強化された編集機能

 旧機種使用のお客様から要望の多かったプレイリスト編集画面を復刻させました。
旧機種よりも選択決定までの操作感が大幅に向上し、選択した番組やチャプターをそのままダビングできるようになっていますので、こだわりの手動編集も快適にお使いいただけます。そのほかにも光ディスクにダビングした番組のチャプター一覧表示にも対応したり、ファイナライズ済みのDVD-RWディスクへの追記も簡単にできるようにしました。

8.SeeQVault™対応USBハードディスクのバックアップ機能に対応

 SeeQVault™ ハードディスクへのバックアップ機能、ダビング機能を備えていますので、本体が故障するなど万が一の時に備えた録画番組の保存にもご利用いただけるほか、新機種に番組を引っ越しさせたい場合などにも役立ちます。

9.4Kアップコンバート機能注6に対応

 ブルーレイディスク映像の4K(画素数は3840×2160)アップコンバート出力に対応しました。4K対応テレビとの組み合わせで普段見慣れたコンテンツもより高画質で楽しめます。
 また、“くっきり高精細技術”「XDE」を有効にすることでより高精細な映像をお楽しみいただけます。

10.11acに対応した無線LAN内蔵

 はじめての設定でLANの設定が簡単にできるほか、11acまで対応した無線LANを内蔵しましたので11acが利用できる環境でのスマートフォンへのダウンロードなどがより高速になりました。

  • 注1 スマホdeレグザを使用するには株式会社デジオンが提供する「DiXiM Play」をスマートフォンにインストールする必要があります。
    「DiXiM Play」は宅内でのスマートフォンによる視聴や宅外で使用をする場合は有料となります。詳しくは http://www.digion.com/diximplay/ をご覧ください。
  • 注2 RD-Style商品とはRD-から始まる形名の当社のレコーダー商品のほか、DBR-Z150/Z160/Z250/Z260が該当します。
  • 注3 番組によっては意図通りにならないことがあります。
  • 注4 録画の条件等によっては録画と同時に持ち出し用の変換ができない場合があります。
    その場合は、録画後の変換(変換待ち)になります。また、持ち出しは宅内でのみ可能です。
  • 注5 連携対応レグザサーバー:DBR-M4008/M2008/M3007/M1007/M590/T670/M490/M190/M180/T560/T550/T460/T450、D-M470/M430
    連携対応レグザ:X910/Z810X/Z20X/Z700X/Z10X/Z9X/Z8X/Z8/Z7シリーズ
  • 注6 4Kにアップコンバートできる映像は1080/24pで記録された市販のブルーレイディスクのみとなります。4K映像の視聴には4K対応テレビ(別売)とHDMI®ケーブル(High Speed対応)での接続が必要です。

新商品の詳細については、商品紹介ページ http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/ をご覧ください。

  • ※ Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Association の商標です。
  • ※ SeeQVault™は、NSM Initiatives LLCの商標です。
  • ※ DiXiMは株式会社デジオンの商標です。
  • ※ その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • * ハードディスクの容量は、1TB=1000GB、1GB=10億バイトによる算出値です。

掲載されている情報(製品の価格や仕様、サービスの内容及びお問合せ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ