東芝映像ソリューション株式会社

2018年6月26日
東芝映像ソリューション株式会社

FIFAワールドカップでのBS/CS 4K内蔵レグザのバナー広告について

 当社は、2018FIFAワールドカップの試合中、ピッチサイドにてBS/CS 4K内蔵レグザのバナー広告を実施しております。6月24日の日本-セネガル戦での実施に続き、6月28日の日本-ポーランド戦でも実施予定です。

 今年12月から、BS・110度CSによる新しい4K放送が開始されます。当社は、この新しい4K放送のスタートをより多くの方に認知いただくとともに、日本で初めて注1BS/CS 4Kチューナーを内蔵した4Kレグザ誕生を、FIFAワールドカップの舞台から日本の多くのみなさまに向けて発信いたします。

 ハイセンスグループはFIFAワールドカップのオフィシャルスポンサーとして世界的なブランド露出を行なっており、当社はハイセンスグループとして、この広告展開を実施しています。

  • 注1 BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビとして(50M520X 2018年6月6日発売)
  • ※ 本稿に記載されている社名・団体名・名称などは、それぞれ各社・団体が商標として使用している場合があります。
  • ※ プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ