東芝映像ソリューション株式会社

2018年8月22日
東芝映像ソリューション株式会社

高画質シンプル液晶レグザ「S22シリーズ」の発売について
-2チューナー搭載でUSBハードディスク録画に対応した小型モデル3機種-

 当社は液晶レグザの新製品として、地上/BS・110度CSデジタル放送用チューナーをそれぞれ2基搭載し、別売のUSBハードディスクに番組を録画しながら、ほかの番組も視聴できる高画質シンプル液晶レグザ3機種(32V型、24V型、19V型)を9月上旬から順次発売します。

レグザS22シリーズ
「レグザS22シリーズ」

 新製品は自社開発の映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」を搭載し、映像の残像を低減し、階調、質感や色彩表現に富んだ映像処理を行います。さらに番組表を高速起動するなど、快適なテレビ視聴と操作を実現します。

新製品の概要

商品名 シリーズ 型名 画面サイズ 価格 発売予定日
ハイビジョン
液晶レグザ
S22 32S22 32V型 オープン 9月下旬
24S22 24V型
19S22 19V型 9月上旬

新製品の主な特長

1.精細でクリアな映像を実現する「レグザエンジンファイン」

 自社開発の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」は残像低減、階調・質感・色彩表現に富んだ映像処理を行うだけでなく、番組表を高速起動するなど、快適なテレビ視聴・操作を実現しています。

「レグザエンジンファイン」
「レグザエンジンファイン」

*写真はイメージです。

2.録画しながら別の番組を自由に視聴できる「2チューナーウラ録注1

 地上/BS・110度CSデジタル放送用チューナーをそれぞれ2基搭載し、別売のUSBハードディスクを接続することで、番組を録画している最中でもほかのチャンネルの番組を快適に視聴できます。

3.ゲームを快適に楽しめる「ゲームダイレクト」

 ゲーム操作時に感じる映像の遅れを短縮し、遅延時間約18.33msec注2を実現し、アクションゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。

4.テレビのリモコンで外部機器を操作する「レグザリンク・コントローラ」

 レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシンの電源ON/OFFやオーディオ機器の音量調整などをレグザリモコンで操作できます。

  • 注1 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。
  • 注2 HDMI® 1080p 60Hz入力で、画面サイズ「フル」選択時。映像処理による信号遅延時間です(パネルによる遅延を除く)。
  • 注3 RoHS: Restriction of the use of certain Hazardous Substances EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
  • 注4 JIS C 0950(電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法)に沿ってJ-Mossマーク表示を行っています。
  • ※ HDMIは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。
  • ※ Blu-ray Disc™ (ブルーレイディスク)、Blu-ray™ (ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
  • ※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

掲載されている情報(製品の価格や仕様、サービスの内容及びお問合せ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ