東芝映像ソリューション株式会社

2019年6月13日
東芝映像ソリューション株式会社

4K有機ELレグザPro、2シリーズを発売
~映像制作にも活用できるプロスペック高画質を実現~

 当社は、4Kチューナーを2基内蔵したタイムシフトマシン4K有機ELレグザPro「X930シリーズ」2機種(65V型、55V型)、および4K有機ELレグザPro「X830シリーズ」2機種(65V型、55V型)を6月下旬から順次発売します。

X930シリーズ
X930シリーズ

X830シリーズ
X830シリーズ

4Kの画素数は3,840×2,160です。

 新商品は、有機ELレグザPro専用にチューニングした2019年仕様の有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載し、深層学習などのAI超解像技術を活用することで、4K放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現します。HDR規格については、Ultra HD Blu-ray™などで採用されているHDR10規格、4K放送などで採用されているHLG HDR規格に加え、新たにHDR10+規格とDolby Vision®規格に対応いたしました。
 また、映像制作者向けにさまざまな映像情報の表示やマニュアル設定ができる「プロユース映像分析・設定機能」を搭載しています。さらに色温度センサーにより、視聴環境の照度や照明色の違い、視聴しているコンテンツにあわせて画質を調整する「リビングAIピクチャー」を搭載し自然で高画質な映像を楽しむことができます。
 X930シリーズには、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」注1を搭載しています。7系統のHDMI入力端子注2や同軸デジタルオーディオ出力端子を搭載し、多数の外部機器を接続することが可能です。

新商品の概要

商品名 シリーズ 型名 画面サイズ 価格 発売予定日
タイムシフトマシン
4K有機ELレグザPro
X930 65X930 65V型 オープン 7月中旬
55X930 55V型 7月中旬
4K有機ELレグザPro X830 65X830 65V型 6月下旬
55X830 55V型 6月下旬

新商品の主な特長

1.有機ELレグザPro専用にチューニングした2019年仕様の有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」で高画質を実現

 有機ELレグザPro専用にガンマ特性と輝度特性をチューニングし、コントラスト性能、および階調性が大きく向上した2019年仕様の新世代有機ELパネルの性能を新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」が引き出し、あざやかな色彩と引き締まった黒を実現します。

レグザエンジン Professional
「レグザエンジン Professional」

*画像はイメージです。

  • (1) 視聴環境に合わせて画質を自動調整する「リビングAIピクチャー」
     色温度センサーを搭載し、視聴環境の照度や照明色の違いをリアルタイムに検出。自動でホワイトバランスや輝度をコントロールし、常に適切な画質に調整します。さらに映画やスポーツなど視聴しているコンテンツの種類をAI技術で判別し、いつでも高画質を楽しめます。

リビングAIピクチャー

*画像はイメージです。

  • (2) さまざまなHDRフォーマットに対応
     Ultra HD Blu-ray™などで採用されているHDR10規格、4K放送などで採用されているHLG HDR規格に加え、新たにシーンに応じて最適なコントラスト表現を実現するHDR10+規格とDolby Vision®規格をサポートし、さまざまなコンテンツを自然で色彩豊かなHDR高画質が楽しめます。
  • (3) プロユース映像分析・設定機能
     さまざまな映像分析機能や設定機能を搭載。マニュアルで色空間の設定や、輝度推移、周波数ヒストグラムなど映像情報をリアルタイムに表示でき、映像制作にかかわるプロフェッショナルから映像にこだわりのあるユーザーまでさまざまなニーズに対応します。

強制モード設定・色空間マニュアル設定
強制モード設定・
色空間マニュアル設定

ダイナミックメタデータ表示
ダイナミックメタデータ表示

映像分析情報表示
映像分析情報表示

*画像はイメージです。

  • (4) AI超解像技術 深層学習超解像
     5層の「ニューラルネットワーク」で映像の精細さを深層学習した結果をもとに、通常のシーンとエッジのぎらつきが目立つシーンを自動判別し適切な超解像処理を実施。ノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現します。

AI超解像技術 深層学習超解像

*画像はイメージです。

  • (5) AI超解像技術 バリアブルフレーム超解像
     4K放送や地上デジタル放送などで、映像の種類と動き量に応じ複数の適切なフレームを用いて超解像処理することで、さまざまなシーンでノイズを抑えたクリアで精細感のある高画質映像を再現します。

AI超解像技術 バリアブルフレーム超解像

*画像はイメージです。

  • (6) AI機械学習HDR復元
     従来編集とHDR編集された同一素材の違いをAI(人工知能)で機械学習。得られたパラメーターをもとに、従来の映像を高精度にHDRクオリティに変換し、コントラストの高いリアルな映像で再現します。

AI機械学習HDR復元

*写真はイメージです。

2.豊かな低音と透明感あるクリアな音質を実現する有機EL専用レグザオーディオシステム

  • (1) 「有機ELレグザオーディオシステムPRO」(X930シリーズ)
     ボックスの振動を抑え、SN感の高い低域再生が可能な対向型パッシブラジエーター方式の新型ボックスを搭載。パッシブラジエーター方式に最適化した新型フルレンジスピーカーと耐久力を向上させた新型シルクドームツィーターを内蔵し、総合出力50Wのマルチアンプで駆動しています。
  • (2) 「有機ELレグザオーディオシステム」(X830シリーズ)
     65X830には新開発のダブルフルレンジスピーカーとX930と同一のシルクドームツィーターを搭載。また55X830には新開発フルレンジスピーカーと65X830と同様にX930と同一のシルクドームツィーターを搭載しています。両モデルともスピーカーユニットの性能を活かすために十分な容積のバスレフ型ボックスを採用しています。

X930スピーカーユニット
X930スピーカーユニット

65X830スピーカーユニット
65X830スピーカーユニット

55X830スピーカーユニット
55X830スピーカーユニット

  • (3) レグザサウンドプロセスVIR
     高精度に全帯域補正を行うVIRイコライザー注3で、フラットで明瞭な音質と自然な音像定位を実現。さらに放送などの音声圧縮時に失われた微小信号を復元するレグザサウンドリマスター注3で、圧縮前の豊かな倍音成分を含む音質を再現します。

VIRイコライザー
VIRイコライザー

レグザサウンドリマスター
レグザサウンドリマスター

*画像はイメージです。

3.豊富な入出力端子を搭載(X930シリーズのみ)

 ハイスピード18Gbps対応HDMI入力端子を7系統注2搭載、多数の外部機器と接続が可能です。さらに光オーディオ出力端子と、同軸デジタルオーディオ出力を搭載。さまざまなオーディオシステムと接続できます。

7系統のHDMI入力端子
7系統のHDMI入力端子

光オーディオ出力端子と同軸デジタルオーディオ出力
光オーディオ出力端子と
同軸デジタルオーディオ出力

4.放送済みの番組をいつでも見られる「タイムシフトマシン」注1(X930シリーズのみ)

 見たい番組があとで見られる、見逃した番組がこれから見られる「タイムシフトマシン」を搭載。

  • (1) 始めにジャンプ注4
    テレビをつけたときや、チャンネルを変えたとき、面白そうな番組を見つけたら、ボタン1つですぐにオープニングから見られます。
  • (2) 過去番組表注4
    放送済みの番組が表示される過去番組表から、すぐに見たい番組を見ることができ、きのうのドラマもすぐに楽しむことができます。
  • (3) ざんまいスマートアクセス
    タイムシフトマシンで録画した番組の中から、今見ている番組に関連する番組や、いつも見ている番組などをレグザが自動でピックアップ。好みの番組をすぐに選ぶことができます。

5.AIレコメンドシステムを搭載した「みるコレ」

 ユーザーの好みに合った録画番組やこれから放送される番組をおすすめする「みるコレ」に、AIレコメンドシステムを搭載。クラウドに蓄積した膨大な視聴データに基づき、機械学習をはじめとするさまざまなアルゴリズムでユーザーの関心や視聴パターンを推定することで、より簡単に見たい番組を選べるようになります。

6.充実した録画機能

 1台の別売USBハードディスクに、新4K衛星放送も地上/BS・110度CSデジタル放送も録画できる注5充実した録画機能を搭載しています。

  • (1) 4Kダブルチューナーウラ録
    新4K衛星放送を楽しめる4Kチューナーを2基内蔵することで4K放送を見ながら別の4K放送を別売の外付けUSBハードディスクに録画することができます。
  • (2) BSも地デジも3チューナーW録
    地上/BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基内蔵することで、番組を視聴しながら、同時に別の2番組を別売のUSBハードディスクに録画することができます。
  • (3) 「おまかせ録画」もAIで進化
    ユーザーの好みにあわせた番組をレコメンドする、「みるコレAIのおすすめ!」を搭載。視聴履歴や録画履歴を機械学習で解析することで、ユーザーの興味がありそうな番組を自動録画、録画予約なしで番組を楽しむことができます。

7.さまざまな視聴スタイル

  • (1) さまざまな動画配信サービスに対応注6
    Netflix、YouTube™注7、AbemaTV、Hulu、dTV、U-NEXT、DAZNなど、さまざまな動画配信サービスに対応しています。
  • (2) 「まるごとチャンネル」(X930シリーズのみ)注8と「ダブルウインドウ」注9
    放送中の番組や録画番組を楽しみながら、放送中の地上デジタル放送最大6チャンネル同時にチェックできる「まるごとチャンネル」と、番組を見ながら、他のチャンネルを表示できる「ダブルウインドウ」を搭載しています。
  • (3) 「声」で簡単に見つかるボイスコントロール注7(X930シリーズのみ)
    「ボイス」ボタンを押して、リモコンに見たい番組名やシーン名を話しかけるだけですぐに楽しむことができます。
  • (4) 「スマートスピーカー連携」注10
    別売のスマートスピーカーに向かって話しかけるだけで、さまざまな操作をハンズフリーで行うことができます。
  • 注1 タイムシフトマシンを使用するには、別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。
  • 注2 本機が認識できるHDMI連動対応機器の台数は、HDMI CEC規格に従っており、オーディオ機器1台、録画機器(レグザリンク対応レコーダーなど)3台、再生機器(当社のブルーレイディスクプレイヤーなど)3台までに制限されます。
  • 注3 VIRイコライザーはEilexのPrism技術を採用しています。レグザサウンドリマスターはEilexのFocus技術を採用しています。Eilex Prism、Eilex Focus、VIRフィルターTMはEilex International LLCの登録商標です。
  • 注4 「タイムシフトマシン」で録画した番組が対象です。
  • 注5 X930は、新4K衛星放送1番組、地上/BS・110度CSデジタル放送2番組、およびスカパー!プレミアム放送1番組の中から同時に2番組録画できます。X830は、新4K衛星放送1番組、地上/BS・110度CSデジタル放送2番組の中から同時に2番組録画できます。
  • 注6 「Netflix」、「YouTube™」、「AbemaTV」、「Hulu」、「dTV」、「U-NEXT」、「DAZN」、「TSUTAYA TV」、「DMM.com」、「スカパー!オンデマンド」、「ひかりTV 4K」、「クランクイン!ビデオ」、「アクトビラ ビデオ・フル」に対応しています。詳細については、各サービスプロバイダーのウェブサイトをご参照ください。
  • 注7 2019年秋にソフトウェアダウンロードによるバージョンアップにて対応予定です。
  • 注8 それぞれのチャンネルを順次間欠的に更新して表示します。
  • 注9 4K放送は右の画面に表示することはできません。4K放送+スカパー!プレミアム放送(X930シリーズのみ)、スカパー!プレミアム放送同士(X930シリーズのみ)、外部入力同士の表示、録画番組または動画配信サービス視聴中の2画面表示は非対応です。
  • 注10 別売のGoogleアシスタント、Amazon AlexaまたはLINE Clovaを搭載したスマートスピーカーが必要です。
  • * 商品詳細については下記URLからご確認ください。
    https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x930/index_j.html
    https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/x830/index_j.html
  • * 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。
  • * 各機能のご利用にはインターネットへの接続が必要な場合があります。
  • * Google、YouTubeは、Google LLCの商標です。その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • * 各ネットサービスのサービス名称およびサービスの内容は予告なく変更・終了する場合があります。
  • * 動画配信サービスを視聴するためには、ソフトウェアダウンロードが必要な場合があります。
  • * 掲載されている情報(商品の価格や仕様、サービスの内容及びお問合せ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ