東芝映像ソリューション株式会社

2020年10月27日
東芝映像ソリューション株式会社

外付けハードディスクで、自宅のテレビを手軽にタイムシフトマシン搭載機に
タイムシフトマシンハードディスク「D-M210」発売

タイムシフトマシンハードディスク「D-M210」
タイムシフトマシンハードディスク「D-M210」

 東芝映像ソリューションは、地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送の中から、最大6チャンネル、約1週間分をまるごと録画できるタイムシフトマシンハードディスク「D-M210」(2TB)を11月20日に発売します。
タイムシフトマシン機能は、番組録画予約などの手間を省きながら、テレビ番組を存分に楽しむ視聴スタイルを可能とするものです。録画した番組を番組表形式で表示する「過去番組表」で直感的に見たい番組を探すことや、リアルタイム視聴の際に「始めにジャンプ」機能を使って番組を冒頭から視聴することができます。*1
タイムシフトマシン機能非搭載のレグザに本機を接続すれば、テレビリモコンの「タイムシフトリンク」ボタンを押すだけでタイムシフトマシン機能を使用できます。*2また、タイムシフトマシン機能を搭載したレグザと接続すれば、地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送が、合計最大12チャンネルまでまるごと録画ができるようになります。*3テレビ側とハードディスク側の過去番組表がひとつに統合され表示されるなど、使い勝手にも配慮しています。*4
さらに、隙間時間で効率よく録画番組を視聴できる「らく見/ らく早見/ 飛ばし見」機能や、スマートフォンで録画番組を視聴できる「スマホdeレグザ」などにも対応し、さまざまなテレビ視聴スタイルを提供します。
なお、本機は当社製以外のテレビにも対応しており、タイムシフトマシン機能をお使いいただけます。*5
「D-M210」はディスクドライブを搭載していないため、小型・軽量で場所を取らずスマートに設置できます。気軽にタイムシフトマシン機能を楽しみたい方、お手持ちのタイムシフトマシンをさらに高度に使いこなしたい方にぴったりの商品です。

新商品概要

商品名 形名 ハードディスク容量 価格 発売予定
タイムシフトマシン
ハードディスク
D-M210 2TB オープン価格 11月20日

主な特長

(1) 2TBのハードディスク搭載。BS・110度CSデジタル放送含め最大6ch・約1週間分録画可能

 2TBのハードディスクを搭載しています。タイムシフトマシン専用として、地上デジタル放送用チューナー4基、BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基搭載。また、通常録画・タイムシフトマシン兼用として地上/BS・110度CSデジタル放送チューナー2基を搭載しています。BS・110度CSデジタル放送含め、最大6チャンネル、約1週間分の番組をまるごと録画することが可能です。

全チューナータイムシフトマシン録画用に設定した場合のまるごと録画可能日数*6
タイムシフトマシン専用チューナー 通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナー
DR放送画質 地上デジタル:約1.5日
BS/CSデジタル:約1.0日
AVC最高画質 約2.0日
AVC高画質 約3.0日 約3.0日
AVC中画質 約4.5日 約4.5日
スマホ高画質 約6.5日 約6.5日
AVC長時間画質/スマホ長時間画質 約7.5日 約7.5日

(2) さまざまなタイムシフトマシン機能を利用可能

 タイムシフトリンク対応のレグザと組み合わせると、テレビリモコンの「タイムシフトリンク」ボタンを押すだけで、さまざまなタイムシフトマシン機能を利用できます。録画した番組を番組表形式で表示する「過去番組表」から、見たい番組を簡単に見つけ出すことができます。放送中のテレビ番組で気になる番組を見つけた場合、「始めにジャンプ」機能を使うことで、番組を最初から視聴することが可能です。さらに、ある番組を視聴中に別の番組を探して見たくなった場合、「ざんまいスマートアクセス」機能を利用することで、過去番組表に戻ることなく、簡単に見たい番組を見つけることができます。
また、タイムシフトマシン対応のレグザと接続すれば、レグザでの地上デジタル放送録画に加え、本機でのBS・110度CSデジタル放送の録画も可能となり、合計最大12チャンネルまでまるごと録画することができるようになります。過去番組表も、テレビ側とハードディスク側を統合し、ひとつのものとして表示します。

タイムシフトリンク画面
タイムシフトリンク画面

過去番組表(通常)
過去番組表(通常)

統合過去番組表(タイムシフトマシン機能対応レグザ接続時)
統合過去番組表(タイムシフトマシン機能対応レグザ接続時)

(3) 隙間時間で効率よく番組視聴ができる様々な視聴モードに対応

 テレビ番組を、4種の再生モード(通常再生、らく見、らく早見、飛ばし見)より選んで再生できます。本編のみの視聴、本編の早送り視聴などが可能です。何分で番組の視聴が完了するか視覚的に理解しやすいUIを採用しており、簡単かつ効率よく番組視聴できます。

らく見、らく早見、飛ばし見
らく見、らく早見、飛ばし見

(4) スマートフォンのアプリ利用で番組視聴がさらに簡単・便利になる「スマホdeレグザ」対応

 「スマホdeレグザ」はすべての機能を無料*7でご提供しているレグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン用のアプリケーションです。録画したテレビ番組の視聴、スマートフォンの番組表からの録画予約、録画コンテンツの簡単転送(持ち出し)など様々な機能に対応しています。音声による番組検索や機器操作も可能で、手が離せない場面、入力が面倒な利用シーンでの利便性を発揮します。

スマホdeレグザ
スマホdeレグザ

(5) 他社製テレビとの連携で、タイムシフトマシン機能を利用可能に

 他社製テレビに接続可能です。地上デジタル放送、地上/BS・110度CSデジタル放送の中から最大6チャンネル、約1週間分をまるごと録画でき、「過去番組表」「始めにジャンプ」機能をお使いいただけます。他社製テレビとの接続設定が簡単にできるよう、「かんたん設定」画面をご用意。設定作業の際にお持ちのテレビメーカーを選択すると本機のリモコンでテレビの選局や音量調節をすることができるようになるため、リモコン操作の煩雑さが軽減されます。*8

(6) レグザブルーレイなどとの連携で、録画した番組をディスクに保存可能

 市販のLANケーブル(ストレートケーブル/クロスケーブル両対応)を用いてレグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシンと接続し、「レグザリンクダビング」を利用することで、タイムシフトマシンハードディスクに録画した番組をディスク保存することができます。

  • *1 始めにジャンプ機能はタイムシフトマシンで録画中の番組に対してのみ動作します。
  • *2 タイムシフトリンク機能対応レグザのみ利用可能
  • *3 BS・110度CSデジタル放送は5チャンネルまでです。
  • *4 過去番組表を統合表示できる機種はレグザ/レグザタイムシフトマシン1台のみです。
  • *5 すべての他社製機器との操作を保証するものではありません。他社製テレビと接続した場合、使えるタイムシフトマシン機能は「始めにジャンプ」および「過去番組表」となります。
  • *6 内蔵ハードディスク1750GB使用時。タイムシフトマシン録画可能な合計時間を、実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作する設定時間で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数はこれと異なる場合があります。タイムシフトマシンのメンテナンス用に設定した時間(24時間のうち1時間)は、録画が一時中断されます。
  • *7 インターネットへの接続料金などは含みません
  • *8 ハイセンス、ソニー、パナソニック、シャープ、LG、日立、三菱、パイオニア、フナイの9社に対応。すべての他社製機器との操作を保証するものではありません。
  • ※ ハードディスクの容量は、1TB=1000GB、1GBは10億バイトによる算出値です。
  • ※ タイムシフトマシンを使用するには、初期設定する必要があります。
  • ※ タイムシフトマシンのシステムメンテナンス用に設定した時間(24時間のうち1時間)は録画が一時中断されます。
  • ※ その他本リリースに記載されている社名・商品名・サービス名などはそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • ※ 本リリースの内容は、発表時点のものです。予告なしに変更される場合があります。
【D-M210の商品情報詳細は以下よりご確認ください】
商品情報:https://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/lineup/d-m210/index_j.html
商品紹介動画:https://www.youtube.com/user/REGZAchannel/videos

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ