デジタルサイネージ・業務用ディスプレイ導入事例企業エームサービス株式会社 様

復興のシンボルとして地元の期待を集める「仙台うみの杜水族館」
“楽しい”を届けるインタラクティブサイネージを110インチ相当の
4面マルチ画面で実現

エームサービス株式会社 様

仙台うみの杜水族館 画像
企業や学校、病院・福祉施設、スポーツ施設などで、フード&サポートサービスを展開しているエームサービス株式会社。「仙台うみの杜水族館」の館内で同社が運営するフードコート及びミュージアムショップでは、それぞれ4台のディスプレイを導入。フードコートでは時間帯で映し出すメニューを変えて、お客様が選びやすくなる工夫をしています。一方、ミュージアムショップには110インチ相当の4面のマルチ構成により、インタラクティブな着せ替え/写真撮影コンテンツを実現。子どもはもちろん、大人も楽しめるコンテンツ配信で、来場者からは大好評を博しています。

エームサービス株式会社 様

1976年に三井グループと米国アラマーク社における合弁事業として設立。企業や学校、病院・社会福祉施設、スポーツ&エンターテイメント関連施設などで、フード&サポートサービスを提供しています。

エームサービス株式会社 関連事業本部 C&E事業部 仙台うみの杜水族館事業所 支配人 宮地一郎様
エームサービス株式会社
関連事業本部 C&E事業部
仙台うみの杜水族館事業所 支配人
宮地一郎様
仙台うみの杜水族館
【企業プロフィール】
社名:エームサービス株式会社
設立:1976年5月6日
本社:東京都港区赤坂2丁目23番1号 アークヒルズ フロントタワー
資本金:1000百万円
従業員数:正社員4400名、その他社員21,578名(2015年3月末日現在)
導入商品

選定のポイント

  • 画面のつなぎ目が目立たず、大画面でのコンテンツ配信が可能
  • 日あたりが良く明るい場所でも鮮やかな映像表示を実現
  • メンテナンス性とコスト面に優れるマルチディスプレイ構成を採用

「仙台うみの杜水族館」開館に合わせてフードコート、ショップ作りがスタート

導入の経緯

仙台うみの杜水族館のフードコート
仙台うみの杜水族館のショップ

企業や学校、病院、スポーツ施設など、さまざまな施設で、フード&サポートサービスを提供しているエームサービス株式会社。同社は2015年7月1日に開館した「仙台うみの杜水族館」内に設置されるフードコート、及びショップ運営を任されています。

「仙台うみの杜水族館は、復興のシンボルとして、そして80年以上の歴史を持ち、愛されてきたマリンピア松島水族館の後を引き継ぐ水族館として、地元の人たちから大きな期待が寄せられていました。その中でもフードコートやグッズショップは、水族館の楽しい思い出を形作る重要なコンテンツ。だからこそ、お子様を中心に目一杯楽しんでもらう事をコンセプトに企画をスタートしました」

こう語るのは仙台うみの杜水族館のフードコート及びショップの企画立案から携わり、現在同事業所で支配人を務める宮地一郎氏です。

より楽しい空間と体験を作り出すにはどうすべきか。企画はエームサービスの様々なシステムサポートを担当する東通インテグレート株式会社をはじめとしたパートナー各社との連携の中で進んでいきます。まずフードコートの内装は、まるで海の中にいるようなポップな絵柄の壁紙、そしてカラフルな家具を採用。そしてメニュー表示のディスプレイは、時間帯ごとにおすすめメニューを提示できる上、フードロスの予防にもつながるデジタルサイネージを活用することに決めました。一方、ミュージアムショップの運営は同社では初の試み。「当社としてもショップの運営は新たなチャレンジ。楽しかった思い出を持ち帰ってもらい、また訪れてもらうための仕組みを検討していたところ、最新のインタラクティブなサイネージコンテンツの事例を知り、この仕掛けなら思い出に残る楽しさを提供できると思い、今回のコンテンツを企画しました。」(宮地氏)

子どもも大人も楽しく遊べるインタラクティブサイネージを作りたい

導入時の課題と要望

導入時の課題と要望

メニューの表示ディスプレイについては、東通インテグレートからインパクトが大きく、表示効率の良いメニュー案内の提案があり、障害対応などのメンテナンス性も備えた形での設営が行われました。一方、ミュージアムショップに設置するインタラクティブサイネージは、「子どもたちの注目を集めるコンテンツを大画面で提供したかった。」と宮地氏は語ります。企画されたサイネージコンテンツは、ディスプレイの上部にカメラを搭載することで、画面の前に立つとその人自身が画面の中に映り込み、顔を認証して水族館にちなんだ様々な衣装に自動で着せ替えが行われるというもの。合わせて撮影機能も付いており、着せ替えの画像をスマートフォンで持ち帰ることもできます。

「大画面表示のためには、マルチディスプレイの採用が最良だと考えました。採用のポイントはコスト面と、それに加えてメンテナンス性の高さです。運用上、画面の正面に簡易的な柵を設けるとはいえ、子どもたちが画面をたたくことも考えられます。万一画面が壊れたとしても、マルチディスプレイなら一部分を入れ替えるだけで対応が可能です。ただ一点、構成時の画面のつなぎ目については懸念がありました。お客様に着せ替えや写真撮影を楽しんでいただく際に、つなぎ目に気を取らせてしまうことは避けたいですからね。」(宮地氏)

このような条件を満たすディスプレイとして最終的に採用されたのが、東芝映像ソリューション株式会社のマルチスクリーン対応狭額縁ディスプレイ TD-X551Mでした。

インパクトのある画面の大きさと楽しさを削がないマルチ構成を両立

選定のポイント

選定のポイント

選定の際には、東通インテグレートからマルチ構成時の使用感や屋外に面した環境での照度選択などのアドバイスがあり、ディスプレイサイズについては実物を確認した上で決定するべきとの提案から、メーカー各社のショールームへの案内がありました。宮地氏は、本ディスプレイについても検討のため、川崎にある東芝のスマートコミュニティセンター内にあった当時のショールームまで足を運んだとのこと。「実際に見てみると画面のつなぎ目はほとんど気にならず、加えて4K表示※1にも対応するディスプレイ表示の美しさも実感しました。」

他社製品との比較検討もありましたが、決め手となったのはやはり、ベゼルの狭さだったといいます。そのほかにも、屋外に近い設置場所でも鮮明に映像を表示できる点や、大人/子どもを問わず様々な角度から映像を楽しめる視認性の高さも選定のポイントに。特に視認性の高さは、子どもたちが正面からだけではなく下の方から見上げたり横から眺めたりしていろいろな角度から映像を楽しむインタラクティブディスプレイにおいて重要なポイントでした。

「自分の目で実際に確かめてみたことで良さを実感できました。当初はディスプレイサイズも今より小さいものを考えていましたが、実物のインパクトを体感して現在のサイズに変更。結果的にそれが大正解でした。実際に見てみること。これが大事だと思います。」(宮地氏)

1) 2×2の4面マルチ構成で、画素数3840×2160の4K映像の表示が可能となります。

水族館の“顔”となり、リピーターや滞在時間の向上に貢献

導入効果と将来の展望

導入効果と将来の展望

設営時には造作による演出や写真撮影ポタンの位置、メンテナンス性についても工夫が盛り込まれ、水族館のオープンに合わせて導入が完了しました。「運用を開始してから気付いたことなのですが、入場してすぐ目に飛び込んでくる設置場所であったため、お子様が真っ先にサイネージへ駆け寄っていくのです。これによって水族館の展示を回る前から、楽しさやワクワク感をお届けすることができています。これはうれしい誤算でしたね。水族館全体でみても滞在時間の増加に貢献できました。また、隣接するショップが目に留まる機会も増えており、これが売上アップにつながっていくことも期待しています。今回のケースは、他の施設で同様の展開をするときの良い事例になったと思います。」(宮地氏)

仙台うみの杜水族館でのフードコート、ミュージアムショップの運営はまた始まったばかり。現在配信中のコンテンツは着せ替え/写真撮影のみなので、他にどんなコンテンツを提供すればお客様に楽しんでいただけるか、インタラクティブサイネージの可能性を追求していきたいと、宮地氏は今後への意気込みを語ります。

導入事例はPDF形式でもご覧いただけます

  • 販売元 :東通インテグレート株式会社 様
  • 本社: 〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2丁目11-5

事業内容:
お客様の業種業態に合わせて、ICT機器の販売・施工・メンテナンスやインターネット広告をはじめとした販促企画を展開。ICTを用いた新たなワークスタイルの提案を通じて、コスト削減や業務の効率化、運用上の利便性の向上など、企業が抱える様々な課題解決します。

東通インテグレート株式会社
  • 本文に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • この記事は2015年12月18日に取材した内容を元に構成しています。記事内における数値データ、会社名、組織名、役職などは取材時のものです。
製品に関するお問い合わせ
お問い合わせ入力フォーム

このページのトップへ