デジタルサイネージ・業務用ディスプレイ導入事例サービス業アドアーズ株式会社様

49V型を縦に3台並べた83インチ相当のインタラクティブサイネージが、
海ほたるパーキングエリアの顔として施設に貢献。

アドアーズ株式会社様

アドアーズ 画像
千葉県トップ3の観光入込客数を誇る海ほたるパーキングエリアに店舗を構えるアミューズメント施設アドアーズアクアライン店では、既設のインタラクティブサイネージのリプレースを実施。プロフェッショナルディスプレイ49V型TD-Z493を縦に3台並べたインタラクティブサイネージは、83インチ相当の大きさとなり、通りかかる人が足を止め、お客様を笑顔にさせる楽しさいっぱいのインタラクティブサイネージを提供しています。

アドアーズ株式会社様

設立から50期目を迎えるアドアーズ株式会社は、総合エンターテインメント事業、店舗サブリース事業、不動産事業、商業施設建築事業からなり、多岐にわたる事業を展開しています。主力事業の総合エンターテインメント事業では、首都圏駅前を中心にゲームセンターやカラオケ等の多様なジャンルのアミューズメント施設を運営しています。

荻原 史郎 氏
店舗営業部
店舗戦略グループ
係長
荻原 史郎 氏
アドアーズ
【企業プロフィール】
社名:アドアーズ株式会社
設立:1967年
本社:東京都港区虎ノ門1丁目7番12号
資本金:4,405,000,000円
グループ従業員数:943名

選定のポイント

  • 継ぎ目が目立ちにくいベゼル幅の細さ
  • コストパフォーマンスの高いマルチスクリーンの構築が可能
  • 日あたりがよく明るい場所でも鮮明な映像表示を実現

老朽化した既設のインタラクティブサイネージのリプレースを実施

導入の経緯

導入の経緯

首都圏を中心に50の店舗が運営されているアドアーズでは、アドアーズアクアライン店にだけ55V型のインタラクティブサイネージが導入されていました。しかしながら1~2年を経過した頃には画面が暗くなり、半屋外の明るい環境下では耐えられないレベルとなりました。駐車場から4階のショッピングフロアにエスカレーターで上がると、目に飛び込みやすい場所に設置されたこのサイネージが暗いままでは海ほたるの顔としてふさわしくなく、55V型の大きさではインパクトが弱いといったことからガラス1面を埋め尽くすほどの大きなサイネージにリプレースする企画が持ち上がりました。

高さ200cm×幅120cmのガラス一面に入る大きなディスプレイを探していた

導入時の課題と要望

導入時の課題と要望

「導入検討当初は、80V型1枚のディスプレイを設置することを考えていたのですが、急ぎで導入したかったこともあり、価格と納期の面で見送りとなりました。」(荻原氏)
既設の縦向き55V型のインタラクティブサイネージの上部には、身長120~140cmの子どもの目の高さに合わせカメラが設置されていました。80V型の場合、カメラが上の方に設置されてしまい、見上げた映像となって、臨場感が出ません。一方、50V型くらいのディスプレイを縦に3台並べれば下から1段目と2段目の継ぎ目にカメラを設置でき、ちょうど子どもの目の高さに置けます。そこで、ディスプレイを3分割した時に気になるのがベゼル幅。「いろいろなディスプレイを探してきましたが、ベゼル幅が2cm近くもあり、かっこ悪いな、でもしょうがないかなと思っていたところ、TD-Z3シリーズが発売されました。ベゼル幅も細く、目立ちにくい、まさに好都合で我々が求めていたもの。これでいこうと決めました。」と荻原氏はいいます。

縦3分割での映像表示とコストパフォーマンスの高いマルチ画面の両立

選定のポイント

選定のポイント

「縦画面用に作られた従来のソフトを縦3分割にした時、問題なく動作するかどうかが課題でした。」(荻原氏)。縦3分割で動作するようになるまで時間がかかりましたが、この課題を解決するために3回ショールームまで足を運んだことで、問題の解決に至りました。「画像を3分割するには、間にコンバーターを入れなければいけないと思っていましたが、不要だったのが良かった。機能が進化したなと思いました。」(荻原氏)
ベゼル幅に関しては、マルチスクリーン対応狭額縁ディスプレイのようにもっと細い製品がありますが、TD-Z3シリーズの画質は上位機種に劣っておらず、コスト面も手頃であるため、これも決め手のひとつとなりました。

海ほたるパーキングエリアの顔として、お客様の認知度を上げ、施設に貢献していきたい

導入効果と将来の展望

導入効果と将来の展望

2016年8月からリニューアルしたインタラクティブサイネージの運用を開始。「このインタラクティブサイネージを見るとお子様が走り寄ってきて、楽しそうにガラスを触りはじめます。今までと明らかに反応が違い、大画面にして良かった。」と荻原氏はいいます。インタラクティブサイネージに反応するのは小さなお子様だけでなく、一緒に訪れたご両親やお年寄りの方々まで幅広い世代のお客様を楽しませています。南向きに設置されたインタラクティブサイネージは、午前中の日差しが強い時間帯でも輝度が高いので、日当たりがよく明るい場所でも映像が鮮明に見えるようになったことも好評をいただいています。
「3種類のコンテンツが切り替わる際に、自社のイメージ画像を入れていますが、ショッピングフロアの入口という立地から全テナントの広告を流し、広告塔として活用していく計画もあります。コンテンツが切り替わる際に10~20秒の広告を流せる仕組みを構築しており、現在はランニングテストを実施しています。ただ広告を流しているだけでは人目を引きませんが、目の前を通る際に鈴の音などが流れるので、お客様を立ち止まらせます。さらに画面に映っている音符を触るとドレミの音が出るため、コンテンツが切り替わる際に広告を見せることで、効果的に宣伝することができます。」(荻原氏)
50期目を迎えるアドアーズは、建築後長い年月を経過した店舗が増えてきています。周りの店舗も派手になってきており、その中で目立たせるにはデジタルサイネージの活用がポイントとなります。「看板は、一度作ったら交換するのにコストがかかりますが、デジタルサイネージは長期的に考えれば使いやすい、1画面だけでなく分割、組み合わせを考えればもっと大きいものも作れます。」(荻原氏)
アドアーズは、もっとお客様に喜んでもらうためにはどうしたらいいかを常に考え、施設への貢献と併せ、新たな試みはまだまだ続いていきそうです。

導入事例はPDF形式でもご覧いただけます

  • 本文に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • この記事は2016年11月4日公開当時に取材した内容を元に構成しています。記事内における数値データ、会社名、組織名、役職などは公開当時のものです。
製品に関するお問い合わせ
お問い合わせ入力フォーム

このページのトップへ