Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

au向け携帯電話「REGZA Phone T004」の発売について

1GHzの高性能CPUと映像処理ソフトウェア「モバイルレグザエンジン2.0」を搭載
2010年05月17日
au向け携帯電話「T004」の写真
au向け携帯電話「T004」の写真

 当社は、au向け携帯電話の新商品として、1GHzの高性能CPUと映像処理ソフトウェア「モバイルレグザエンジン2.0」を搭載した「REGZA Phone T004」を商品化します。新商品は、6月中旬以降、KDDI株式会社から発売される予定です。

 新商品は、従来機種注1に比べ約2.6倍注2の処理速度(クロック数)のCPU「SnapdragonTM」を搭載することで、キーレスポンスや画面切替えが高速化し、PCサイトの閲覧やデコレーションメールの作成など、多彩な機能を快適に操作することができます。

 また、映像処理ソフトウェア「モバイルレグザエンジン2.0」を搭載しています。外部の明るさに応じて画像の色を最適化する「オート画質調整機能」や、動画の曲線部分の歪みを低減する「ノイズリダクション機能」により、高画質で滑らかなワンセグ映像やネット動画を見ることができます。

 さらに、有効画素数約1219万画素のカメラを搭載しています。撮影した写真をスライドショーで表示できる「フォトビューアー」や、映像系メニューを美しく表示する「ビジュアルランチャー」など、映像コンテンツを快適に楽しめる機能も充実しています。

注1
au向け携帯電話「biblio」(2009年夏モデル)
注2
「biblio」搭載のCPUの処理速度(クロック数)は384MHz、「REGZA Phone T004」は1GHz

新商品の概要

品名

REGZA Phone T004

カラー

ルーチェホワイト、アズールブルー、ムーンブラック

サイズ

約51×111×17.1mm

質量

約149g

連続通話時間(国内)

約220分

連続待受時間(国内)

約260時間

標準セット

携帯電話本体、電池パック

*連続通話時間および連続待受時間は、au電話の電波を安定した状態で十分に受けている場合の平均的な利用時間です。実際のご利用になる地域や使用状況により、短くなります。また、通話と待受を組み合わせると、それぞれの時間は短くなります。
*連続通話時間および連続待受時間は、auグループ各社のシステム仕様変更等により、予告なく変更される場合があります。
*電波の届きにくい場所(ビル内、カバンの中など)や、圏外表示の状態での待受では、ご利用時間が約半分以下になることがあります。

商品化の背景と狙い

 近年、携帯電話市場においては、高画質の映像コンテンツを携帯電話で、気軽に、快適に楽しみたいというニーズが拡大しています。当社はこのような状況を鑑みて、1GHzの高性能CPUを搭載することで高速操作を実現し、映像処理ソフトウェア「モバイルレグザエンジン2.0」を搭載することで滑らかな映像の閲覧を可能にした「REGZA Phone T004」を商品化しました。

新商品の主な特長

1.1GHzのCPU「SnapdragonTM」を搭載

 従来機種注1に比べ約2.6倍注2の処理速度(クロック数)のCPU「SnapdragonTM」を搭載することにより、高速処理を実現しました。キーレスポンスや画面切替えが速くなり、PCサイトの閲覧やデコレーションメールの作成等、多彩な機能を快適に操作することができます。

注1
au向け携帯電話「biblio」(2009年夏モデル)
注2
「biblio」搭載のCPUの処理速度(クロック数)は384MHz、「REGZA Phone T004」は1GHz

2.映像処理ソフトウェア「モバイルレグザエンジン2.0」を搭載

(1) 「オート画質調整機能」

 外部の明るさに応じてバックライトを制御し、リアルタイムに色合いを補正したり、輪郭強調など最適な画像処理を行うため、視聴環境にふさわしい高画質な映像を楽しめます。

(2) 「ノイズリダクション機能」

 ワンセグなどの圧縮された動画に見られる曲線部分の歪み(ジャギーノイズ)を低減する技術を搭載することにより、なめらかな曲線を復元することができ、歪みのないクリアな映像を再現します。

3.映像コンテンツを楽しむ機能を搭載

(1) 約3.2インチフルワイドVGAディスプレイ

約3.2インチフルワイドVGAディスプレイを採用しており、映像や写真を鮮やかに大画面で楽しめます。

(2) 東芝ノートPC 「Qosmioシリーズ、dynabookシリーズ」注3で録画した映像を再生

 地上デジタルチューナー搭載の東芝ノートPC 「Qosmio、dynabook」で録画した地上デジタル放送の映像を、高画質(2Mbps)でmicroSDメモリカード/microSDHCメモリカード注4に保存し、本商品で再生できます。また、日本で録画した地上デジタル放送の番組を、海外で視聴することもできます。

注3
2010年5月現在対応機種は有りませんが、順次発売する予定です。詳細に関しては下記URLをご確認ください。
http://www.toshiba.co.jp/product/etsg/cmt/au/dp_kiki.htm
注4
microSDメモリカード/microSDHCメモリカードは別売です。
(3) 「ダビング10」注5

 「ダビング10」適用番組を本体データフォルダに録画した場合、microSDメモリカード/microSDHCメモリカードへ9回までコピーできます。

注5
デジタル放送の録画タイトルをmicroSDメモリカード等に9回コピーでき、最後の1回は移動することができます。
(4)「フォトビューアー」

 画像をスライドショーで楽しむことができます。圧縮されて保存されている写真の中から、表示させたい部分のみを解凍するため、写真のすばやい検索・閲覧が可能になりました。また、16種類の閲覧パターンを楽しめるエフェクト機能も充実しています。

(5)「ビジュアルランチャー」

 ワンセグや録画データメニューなど、映像系メニューを美しく表示した横画面メニューを採用しています。液晶画面部分を反転させると自動的に表示されます。

(6)「Wi-Fi WIN」注6

 「au Wi-Fi WINカード」を使用する「Wi-Fi WIN」の高速通信に対応しています。映像、音楽、電子書籍、WEBサイトなどで、大容量コンテンツを快適にダウンロードして楽しめます。

注6
Wi-Fi WIN機能のご利用には、別売のau Wi-Fi WINカードが必要です。

4.その他充実した機能を搭載

(1)約 12.2メガピクセルカメラ

 コンパクトデジタルカメラ並みの、有効画素数約1219万画素の高画素カメラを搭載しています。笑顔検出シャッター、振向き検出シャッター、シーンオートセレクト、デジタル補正ズームなどの機能を備え、より直感的に、快適な操作が楽しめます。

(2)アウトドアや水周りでも快適に使用できる防水機能

 IPX5注7/IPX7注8(旧JIS保護等級)相当の防水機能を搭載しているので、アウトドアやキッチンでも快適に使用できます。

注7
IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。
注8
IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての機能を保ちます。

(3)「GLOBAL PASSPORT GSM/CDMA」

 GSMとCDMAのダブルカバーで、世界のほぼ全域注9で通話やメール、WEBが利用できます。

注9
Eメール、EZwebのご利用には別途EZwebへのご加入が必要です。グローバルパスポートGSMおよびCDMA対応地域の詳細はauホームページをご参照ください。海外での通話料・パケット通信料は日本国内の場合と異なります。各種料金割引サービス及び無料通話付プランの無料通話の対象となりません。渡航先では、着信した場合でも通話料がかかります。料金の詳細はauホームページをご参照ください。
(4) ダウンロードフォント

 「Toshiba User Club Site」からダウンロード注10して、お好みのフォントに一括変更できます。

注10
ダウンロードには別途パケット通信料がかかります。
(5) デコレーションメール

 Eメールの絵文字の選択画面から、タブで切替えてデコレーション絵文字を選択できるようになりました。2510個のデコレーション絵文字をプリセットしているほか、送受信したデコレーションメールから、必要なデコレーション絵文字を保存できます。

環境への配慮

当社の携帯電話は、環境に配慮した以下の取り組みを行っています。

(1)消費電力の小さい部品を開発し、採用しています。また、各機能動作時に必要な回路のみに通電させることで効率的に電力を消費する仕組みを取り入れることにより、本体全体の低消費電力を実現しています。

(2)部品を小型化するとともに、回路の最適化によって部品点数を削減することで、資源の有効活用を行っています。

(3)RoHS指令に適合しており、かつ主要部品から塩化ビニルや臭素系難燃剤を削減・代替するなど、化学物質管理の徹底を図っています。

東芝モバイルコミュニケーション社の環境への取り組みについては以下をご覧ください。
URL:http://www.toshiba.co.jp/product/etsg/cmt/kankyou/index_j.htm

当社グループは「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度を基準として2050年度までに10倍(ファクター10)に高める目標を掲げました。効率の良いエネルギー供給機器の開発や、環境に配慮したオフィス・家電製品の製造、販売を通じて、2025年度に1億1,770万トンのCO2削減の寄与などの地球温暖化防止をはじめとした、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

東芝グループの環境への取り組みについては以下をご覧ください。
URL:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/index_j.htm

*RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」)の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
*製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。

*SnapdragonTMはQualcomm Incorporatedの商標です。
*株式会社モルフォのImageSurf、FaceSolid、PhotoScouterを採用しています。

*その他に掲載の商品及び機能等の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からauへのお問い合わせ先:

auお客様センター
TEL : 0077-7-111(フリーコール)
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。