東芝トップページ > AV・デジタル機器 > 液晶テレビ レグザ TOP > オプション > レグザサウンドシステム RSS-AZ55/RSS-AZ77

スピーカーは、テレビの後ろに。迫真のサウンドは、耳元に。レグザサウンドシステム

【Style】視聴を邪魔しない。たったこれだけで、テレビがもっと快適になる。

テレビの後方に置けて迫力のサウンドが楽しめる

「テレビの後方に置けて迫力のサウンドが楽しめる」 : イメージ

テレビ後方のスペースに置くことでテレビ周りがすっきりし、かつ迫力のあるクリアなサウンドが楽しめます。リモコン操作やテレビのデザインを気にすることなく設置できます。

* 写真は接続ケーブルなどを一部省略しています。 実際のご使用にはスピーカーケーブルや電源コードなどの配線が必要です。

※ 写真はRSS-AZ55です。

設置スタイルはあなた好みに

テレビの背面に置くだけでなく、スピーカーを立てて、テレビの両サイドに置くこともできます。テレビ背面に設置しにくい時でも、スタイリッシュに設置できます。

※ 写真はRSS-AZ55です。

視聴を邪魔しないスタイリッシュなデザイン

「視聴を邪魔しないスタイリッシュなデザイン」 : イメージ

※ 写真はRSS-AZ55です。

このページのトップへ

【Sound Quality】高画質を引き立てる迫真のサウンド。映画も音楽もたっぷりの臨場感で。

より鮮明で透明感の高い音質を再現 新型フルレンジスピーカー

「新型フルレンジスピーカー」 : イメージ

総合出力80W*でパワフルなサウンドを楽しめる
ハイパワークラスDアンプ

サテライトスピーカー用に20W+20W、ウーファー用に40W*のハイパワークラスDアンプを搭載。アクティブ型ネットワークによりサテライトスピーカーとウーファーのクロスオーバーを適正化し、優れた音質を支えます。
* 非同時駆動、JEITA

迫真の重低音再生で音の感動を高める サブウーファー

「サブウーファー」 : イメージ

映画や音楽を臨場感たっぷりに再現「DTS Studio Sound™搭載」

DTS Studio Sound ロゴ

音の広がりや奥行き感を向上させる「DTS Studio Sound」を搭載。より心地よく耳に届けるサウンドで、映画や音楽を臨場感たっぷりに楽しめます。

サウンドに包み込まれる感動

ブルーレイソフトの映画やお気に入りの音楽を、まるでその場にいるかのような立体感ある3Dサウンドとして楽しめます。

映像とサウンドに一体感

低い位置にあるスピーカーの音を「DTS Studio Sound」の技術で画面の位置から聞こえるように補正。より臨場感あるサウンドを作り出します。

さらに高音質で楽しめる シンクロドライブ方式対応* 多彩なサウンドシステム設定

RSS-AZ55をシンクロドライブ方式に対応している機種に接続することで、さらに豊かなサウンド再生を可能にします。Z20Xシリーズとの接続では、Z20Xシリーズのツイーター(高音用スピーカー)とシンクロし、より繊細な高音域再生を実現。Z700X/M500Xシリーズとの接続では、各シリーズのメインスピーカーとシンクロし、よりパワフルでクリアなサウンド再生を実現します。また、シンクロドライブ方式対応機種のみ、「サウンドモード」「イコライザー」「低音強調」という様々な専用メニューを搭載。さらに広がりのある豊かな音質が楽しめます。

* 対応機種:Z20X、Z700X、M500X(2016年4月現在)

このページのトップへ

【Usability】操作も接続もカンタン。誰でも手軽に楽しめる。

レグザのリモコン1つで快適に操作できる レグザリンク・コントローラ

「レグザリンク・コントローラ」 : イメージ
  • *1) HDMI®(ARC)入力端子があるテレビと本機をHDMI®ケーブル(別売)で接続してください。
  •     「オーディオリターンチャンネル」対応レグザ(2016年4月現在)
  •      Z20X/Z700X/Z10X/Z9X/Z8X/XS5/X3/Z8/Z7/Z3/ZT3/ZP3/Z2/ZP2/ZG2/ZG1/Z1/Z1S/X2/XE2/J20X/J10X/J9X/J10/J8/J7/M500X/G20X/
    V30/G9/S11/S10/S8/F1/R3/RE2/RS2/RB2/RE1/RE1S/R1/HB2/HE1/H1/H1S/20GL1シリーズ
  • *2) S10/S8シリーズはオートモード非対応

スマートフォンの音楽をワイヤレスで楽しめる Bluetooth®対応

「Bluetooth®対応」 : イメージ

スマートフォンやタブレットなど、Bluetooth®対応機器に保存した音楽をワイヤレスで再生可能。お好みの音楽をケーブル接続なしで手軽に楽しめます。

番組に合わせて3つのモードから選べる サウンドモード [RSS-AZ55*/RSS-AZ77]

「音楽」「クリア音声」「映画」のサウンドモードに対応。それぞれ視聴するコンテンツにふさわしいサウンドが手軽に楽しめます。

* RSS-AZ55はZ20X/Z700X/M500Xシリーズとの接続が必要です。

サウンドモード
[音楽]

歌番組やライブ番組の視聴に適したサウンドモード。外部入力のミュージック再生時にもおすすめです。

サウンドモード
[クリア音声]

「DTS Studio Sound」の音声処理により、人の声の帯域を強調。映画の台詞や番組中のナレーションが聞き取りやすくなります。

サウンドモード
[映画]

映画の視聴に適したサラウンド音場を再現。ブルーレイやDVDのソフトも臨場感あふれるサウンドで楽しめます。

番組表を活用しサウンドモードを自動調整!見たい番組にふさわしい音質が手軽に楽しめる「オートモード*」

レグザとの組み合わせで、放送のEPG情報から複数の音声設定パラメータを適正化された値に自動設定します。TV番組を簡単&快適に楽しめます。

  • ※対応するレグザとHDMI®ケーブルで接続する必要があります。
  • * 【動作確認済み機種】 Z20Xシリーズ/Z700Xシリーズ/M500Xシリーズ/G20Xシリーズ/J20Xシリーズ/Z10Xシリーズ/Z9Xシリーズ/Z8Xシリーズ/J10Xシリーズ/J9X/J10シリーズ/ Z8シリーズ/J8シリーズ/G9シリーズ/Z7シリーズ/J7シリーズ(2016年4月現在)
このページのトップへ

【Spec】

レグザサウンドシステム RSS-AZ77
型番 RSS-AZ55 RSS-AZ77(生産終了)
外形寸法
(幅×高さ×奥行き)
サテライト
スピーカー
150×96×113mm(スタンド、底板含む) 150×95.5×112.5mm(スタンド、底板含む)
サブ
ウーファー
660×96×90mm(スタンド含む) 660×95.5×90mm(スタンド含む)
質量
(サテライトスピーカー+
サブウーファー)
3.5kg 3.7kg
総合出力
(非同時駆動、JEITA)*1
80W
実用最大出力
(非同時駆動、JEITA)*1
サテライトスピーカー:20W+20W
サブウーファー:40W
出力端子 HDMI®×1
入力端子*2 HDMI®×1
光デジタル音声入力
(光コネクター 角型ジャック)×1
HDMI®×1
アナログ入力(3.5mm ステレオジャック)×1
電源 100V(50/60Hz)
消費電力
定格動作時(待機時)
11W(0.9W) 12W(0.8W)
機能 対応フォーマット Dolby® Digital、リニアPCM
音響エフェクト DTS Studio Sound™
5バンドグラフィックイコライザー*3
低音強調*3
DTS Studio Sound™
サウンドモード オート*4、映画*3、音楽*3、クリア音声*3 オート*4、映画、音楽、クリア音声
付属品 ACアダプター、スペーサー2個、
ネジ4個、
サテライトスピーカー用シール1枚
ワイヤレスリモコン、リモコン用電池、
ACアダプター、赤外線レシーバー、
スペーサー2個、ネジ4個、
サテライトスピーカー用シール1枚
*1)
音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のことです。
*2)
4K60pの信号入力及びHDCP2.2には対応しておりません。
4K60p信号入力及びHDCP2.2対応機器の音声を楽しむためには、機器をその信号入力に対応したテレビのHDMI®入力に接続し、本機をテレビのARC対応HDMI®端子と接続してください。
*3)
Z20X/Z700X/M500XシリーズとHDMI®ケーブル(市販品)で接続する必要があります。
*4)
対応するレグザとHDMI®ケーブル(市販品)で接続する必要があります。
  • 写真は接続ケーブルなどを一部省略しています。
  •     実際のご使用にはスピーカーケーブルや電源コードなどの配線が必要です。
  • オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません。
  • DTS、DTSロゴ、DTS Studio Soundは、DTS, Inc.の商標です。
  • Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
  • HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Bluetooth、Bluetoothロゴは、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
  • Dolby、Dolby Digitalは、Dolby Laboratoriesnの登録商標です。
  • その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

※ このページに記載の説明図はすべてイメージです。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ