Toshiba

テレビ レグザ

業務用放送・映像制作者様向け

Z810X(P)HDR
PROFESSIONAL
MODEL
(受注生産)

  • 青と碧に違いを
    白にさらなる鮮やかさを。

  • ネオンの輝きはよりくっきりと
    夜の暗さは漆黒に。

  • 夕紅に溶け込んでいた太陽は
    輪郭を持ち夕日として現れ。

  • ダイアの最上級カットの
    一閃の輝きすら捉える。

  • HDR
    PROFESSIONAL
    MODEL

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

HDRプロユースとは?

HDR映像制作の現場で活用できる階調再現性など、映像のプロが求めるパラメーター設定を可能にします。

HDR映像とは?

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、これまでよりも輝度差を広く取った映像のこと。映像に、拡大したダイナミックレンジの情報を持たせることによって、明暗差の大きな風景をリアルに再現することができます。

HDRプロユース仕様

HDRフォーマットコンテンツを出力するパラメーター設定が可能。
映像編集の際に威力を発揮します。

コンテンツの評価は、以下の二種類の方法で可能となっています。

  • ①HDMI®入力からのベースバンド信号入力を受信
  • ②USBインターフェースに接続されたハードディスク内に格納されたコンテンツをZ810X(P)のメディアプレーヤーで再生

これらの入力にてHDR再生のための各種パラメータの表示および、EOTF等の強制設定が可能でありHDRのフラグがない場合も画像の評価にお使いいただけます。
また新機能としてITU-R BT 2100-0で規定されたHLG(Hybrid Log-gamma)設定が可能となりました。

設定機能一覧

Z810X(P) 65V型
HDMI®入力時の情報表示
  • 信号フォーマット詳細表示
メディアプレーヤー再生時の情報表示
  • 信号フォーマット詳細表示
HDR設定
  • 1. EOTF(Electro-Optical Transfer Function)モード
  • 2. 入力映像の色空間のマニュアル設定機能
  • 3. 入力映像のピーク輝度(Maximum Content Light Level:MaxCLL)のマニュアル設定機能
ヒストグラム表示
  • 輝度分布表示

※ HDMIは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または登録商標です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

このページのトップへ