Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

地上・BS・110度CSデジタル放送から、好みのチャンネルをまるごと録画できる「タイムシフトマシン」搭載レコーダー「レグザサーバー」のラインアップ強化について

2013年10月08日

 

 


 当社は、ユーザーが好みのチャンネルをまるごと録画し、さかのぼって視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載したレコーダー「レグザサーバー」の新製品として、ハードディスクレコーダー「D-M470」とブルーレイディスクレコーダー「DBR-T460/T450」の3機種を10月30日から発売し、「タイムシフトマシン」搭載レコーダーのラインアップを強化します。

 「D-M470」は地上デジタル放送の中からユーザーが好みに応じて選択した6チャンネル分の番組を最大7.5日間分録画できる注1ほか、通常録画用のチャンネルを「タイムシフトマシン」用に設定することで、録画チャンネルを増やすことが可能です。また、外付けハードディスクを使うことによって録画容量を増やせます。さらに、上位機種の「DBR-M490」に対して体積比約3分の1のコンパクトな筐体を実現しており、限られたスペースにも設置できます。

 「DBR-T460/T450」は、地上・BS・110度CSデジタル放送3チャンネル分を同時録画できるほか、最大3チャンネル分を「タイムシフトマシン」録画用に変更するなど、ユーザーの好みに応じた設定が可能です。

 近年、録画予約などの操作をせずに番組を見逃すことなく視聴したいなどのニーズが高まっており、当社は、2011年12月に「タイムシフトマシン」搭載のレコーダーを商品化し、6月にBS・CSデジタル放送の「タイムシフト」録画機能を追加した「レグザサーバー DBR-M490」を発売しました。今回、「レグザサーバー」のラインアップを強化することで、「タイムシフトマシン」の利用者拡大を図るとともに、ユーザーの多様な視聴スタイルに応えます。

注1
AVC最低画質モードでタイムシフト録画した場合。「タイムシフトマシン」を使用するには、お客様が初期設定しておく必要があります。「タイムシフトマシン」のシステムメンテナンス用に設定した時間(24時間のうち1時間)は録画が一時中断されます。「タイムシフトマシン」用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。

新商品の概要

商品名

形名

内蔵HDD

価格

発売時期

 

レグザ

サーバー

D-M470

2TB

(タイムシフト用最大1.75TB、通常録画用最大1.5TBまで設定可)

オープン

10月30日

DBR-T460

2TB

(タイムシフト用最大1.75TB、通常録画用最大1.5TBまで設定可)

オープン

10月30日

DBR-T450

1TB

(タイムシフト用最大850GB、通常録画用最大750GBまで設定可)

オープン

10月30日

新商品の主な特長

1.「タイムシフトマシン」

 「D-M470」は、2TBのハードディスクと6個の地上デジタルチューナーを搭載し、6チャンネル分の番組を最大7.5日間分録画できます。また、通常録画用の地上・BS・110度CSデジタルチューナーをタイムシフト用に設定することで、最大7チャンネル分をまるごと録画し、さかのぼって視聴することができます。さらに、「タイムシフトマシン」用にUSBハードディスク(市販品、1TB)を増設することで、最大11日間分の録画が可能です。

 「DBR-T460/T450」は、3個の地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載し、設定に応じて3番組同時録画、3チャンネルタイムシフト録画、2番組同時録画と1チャンネルタイムシフト録画、1番組録画と2チャンネルタイムシフト録画の4つのスタイルで使うことができます。「DBR-T460」で3チャンネルタイムシフトを選択した場合、最大で15日間分の録画が可能です。また、USBハードディスク(市販品、1TB)を「タイムシフトマシン」用として増設することで、最大で22日間分の録画が可能です。

2.「ざんまいプレイ」

好みの番組を簡単に探せる「ざんまいプレイ」を搭載しました。「DBR-T460/T450」には、「字幕シーンジャンプ」注2を搭載しました。気になるシーンを見たいときなどに録画番組の字幕情報をもとに、シーンを検索することができます。

注2
ネット接続不要。該当する字幕がある場合にのみ該当するシーンの頭出しが可能です。

 

3.「新おまかせプレイ」

再生中に「おまかせ」ボタンを押すことでプレイリストを作成することなく本編のみを再生することができます注3

注3
マジックチャプター「入」で録画(保存)した番組が対象です。

 

4.ディスクへの保存対応

「D-M470」はブルーレイディスクドライブを搭載しないことでコンパクトな筐体を実現しています。ディスクに番組を保存する場合は、「ネットdeダビングTMHD機能」を使うことで、ブルーレイディスクドライブ搭載のレグザリンクダビング対応機種やライター注4にダビングできます。

注4
RD-X10/BZ800/BZ700/BR600/BZ810/BZ710/BR610、DBR-Z160/Z150/Z260/Z250/T360/T350/Z320/Z310/T460/T450、D-BR1/DBP-R500

 

5.環境への配慮

(1)「タイムシフトマシン」の省エネモード搭載により消費電力削減

「タイムシフトマシン」未使用時の時間帯にタイムシフト用の電源を切るなど省エネに配慮した設計になっています。

(2)化学物質管理の徹底

「レグザサーバー」は「EU-RoHS指令注5」に適合しています。また、プリント基板実装工程での無鉛はんだの採用や梱包材料からのPVC(塩ビ)全廃を行っています。

注5
RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances

 

(3)「レグザサーバー」の環境自主基準について

「レグザサーバー」では、18項目の製品別環境自主基準を設定しています。

URL: http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/cs/eco/ecp.html

新商品は、この自主基準に適合した環境調和型製品(ECP:Environmentally Conscious Products)です。

詳細は商品紹介ページ http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/ をご覧ください。

添付資料

 

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先:

東芝DVDインフォメーションセンター
一般電話用フリーダイヤル  TEL : 0120(96)3755
*フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話用ダイヤル      TEL : 0570(00)3755
*携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。