TOSHIBA

テレビ レグザ

東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > BM620Xシリーズ | 高音質 | 重低音バズーカ

鮮烈でクリアな重低音

重低音バズーカオーディオシステム

  • 重低音バズーカ

テレビ前面に配置したフルレンジの「クリアダイレクトスピーカー」に加え、広がりと奥行きのある重低音を再生する「重低音バズーカウーファー」を搭載。総合出力40Wの2.1chマルチアンプ駆動と、レグザサウンドイコライザー・ハイブリッドの音質補正により、迫力のある重低音と透明感のあるクリアな音質を再現します。また、サウンドリフト機能により、自然な音像定位と臨場感が楽しめます。

「レグザバズーカオーディオシステム」 イメージ

広がりと奥行きのある重低音を実現

重低音バズーカウーファー

「重低音バズーカウーファー」が広いダイナミックレンジに対応し、重低音の再現性を向上。大きな音量で視聴する時には、ライブ会場にいるような迫真の重低音が。小さな音量で視聴する時にも、埋もれずしっかりした低音が楽しめます。

「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」 イメージ

重低音をお好みの強さにコントロール

音声メニュー(重低音)

「重低音」ボタンを採用。リモコンのボタン1つで音声メニューにアクセスでき、お好みの重低音に調整できます。

「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」 イメージ
  • 音声メニュー

    「おまかせ」や「ダイナミック」など見る番組の種類に応じて、お好みの音声メニューを選ぶことができます。

  • イコライザー

    音質を調整したいときは、イコライザーで音域ごとにレベル調整できます。

透明感のある響きと厚みのある豊かなサウンドがダイレクトに耳に届く

クリアダイレクトスピーカー

スピーカーをテレビの前面に配置したことで、明瞭で歯切れの良い、パワフルな高音質を実現。まるで前に飛び出してくるかのような臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

「クリアダイレクトスピーカー」 イメージ

ハイブリッド構成で全帯域に明瞭な高音質を実現

レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド

中高音域を896バンドの分解能で補正を行うレグザサウンドイコライザーと低音域の補正に適切なオーディオオプティマイザーのハイブリッド構成で全帯域にわたりフラットで明瞭な高音質を実現します。

「レグザ サウンドイコライザー・ハイブリッド」 イメージ

その他高音質の仕組み

音楽番組をキレのあるサウンドで楽しめる

インパルス再現技術

FIR(finite impulse response)フィルターによる高精度な周波数軸補正と時間軸補正を行い、インパルスレスポンスを改善。ギターやドラムのアタック音まで忠実に再現します。

  • 「インパルス再現技術01」 イメージ
  • 「インパルス再現技術02」 イメージ

心地よいリスニングエリアを拡大

3次元空間測定×時間軸解析=4次元補正技術

スピーカー前面の空間を立体的に測定する3次元空間測定とそこから抽出されたデータを時間軸で解析することで、聴覚心理に基づいたサウンド補正が可能。指向特性により発生するピークを抑えリスニングエリアを拡大。部屋内の広いエリアで心地よいサウンドを楽しめます。

  • 「3次元空間測定×時間軸解析=4次元補正技術01」 イメージ
  • 「3次元空間測定×時間軸解析=4次元補正技術02」 イメージ

画面から聞こえてくるような音像再現

音像補正技術

仮想音源シミュレートに基づいた音像補正技術により不明瞭な音像定位を改善。スピーカー位置ではなく、画面から音が聞こえるような自然な音像再生を可能とし、映像と音声が融合した違和感のない再生を実現しました。

  • 「音像補正技術01」 イメージ
  • 「音像補正技術02」 イメージ

筐(きょう)体の共鳴による不快音を低減

筐(きょう)体共鳴不快音低減技術

時間軸解析を加え、筐(きょう)体共鳴成分を効果的に抑制。従来は困難だった筐(きょう)体の共鳴による不快な音を排除することで、ノイズの少ないクリアなサウンドを実現しました。

  • 「筐(きょう)体共鳴不快音低減技術01」 イメージ
  • 「筐(きょう)体共鳴不快音低減技術02」 イメージ
  • ※ このページの画像はすべてイメージです。
  • ※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
このページのトップへ