東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > J10シリーズ | 高画質 | NEWレグザエンジンCEVO

J10 SERIES

NEWレグザエンジンCEVO

パネルの色再現力を存分に引き出す
NEWレグザエンジンCEVO

高画質化や快適な操作を実現するJ10シリーズの頭脳。東芝ならではの映像処理の力が、パネルの色再現力を存分に引き出します。また、残像低減、階調・質感・色彩表現に富んだ映像処理を行うだけでなく、番組表を高速起動するなど、快適なテレビ視聴・操作を実現します。

「NEWレグザエンジンCEVO」イメージ

※ 画像はイメージです。

このページのトップへ

日中の光の強さを高精度に再現
ハイダイナミックレンジ(HDR)復元

ハイダイナミックレンジ(HDR)復元

パネルの輝度に加え、撮影時に圧縮されたハイライト部の伸びを映像エンジンによって復元することで、圧縮された白側の輝きや階調を映像本来の美しさで再現。照りつける日差しや物体が日を浴びて輝く艶などをより鮮烈に描きます。

高輝度の全面直下LEDによって、さらに輝き感ある映像を実現!

「高輝度の全面直下LEDによって、さらに輝き感ある映像を実現!:動作処理前」イメージ

白壁の部分が白とびし、立体感が再現されていない

「高輝度の全面直下LEDによって、さらに輝き感ある映像を実現!:動作処理後」イメージ

明るい白のトーンも細やかに描写することで、立体感ある映像に

「ハイダイナミックレンジ(HDR)復元」イメージ

※画像はイメージです。

このページのトップへ

新アルゴリズムによって、より立体感のある映像を実現
質感リアライザー

1シーンごとのヒストグラム取得に新たなアルゴリズムを搭載。暗部の取得精度を重点的に上げて解析を行い、繊細な特性カーブを描くことで暗部と明部をしっかり描きます。さらに輝度のダイナミックレンジを活かした立体感・奥行感のある映像を再現。感性に響く、きめ細やかな質感描写を実現します。

暗部と明部の質感を正確に再現し、立体感の表現を向上

「暗部と明部の質感を正確に再現し、立体感の表現を向上:動作処理前」イメージ

黒が浮いて、コントラスト感のない平面的な表現に

「暗部と明部の質感を正確に再現し、立体感の表現を向上:動作処理後」イメージ

黒が締まった、コントラスト感のある立体的な表現に

※ 画像はイメージです。

このページのトップへ

全面直下LEDで、より高精度に残像を低減
ダイレクトモーション120

ダイレクトモーション120

直下型かつ高輝度のLEDバックライトを高速で明滅させることで、映像のボケ感を効果的に低減し、優れた動画応答性を実現。残像の少ないクッキリとした映像を再現します。

「ダイレクトモーション120」イメージ

※画像はイメージです。

このページのトップへ

豊富な色彩を表現
“x.v.Color”対応

動画色空間の国際規格のひとつ「xvYCC」に準拠した“x.v.Color”に対応。今まで表現しきれなかった豊富な色彩をリアルに表現します。

「“x.v.Color”対応」イメージ

※ “x.v.Color”および“x.v.Color”はソニー株式会社の商標です。

※ 画像はイメージです。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ