Z700Xシリーズ

機能美と上質感が際立つ洗練のデザイン
デザインコンセプト

「デザインコンセプト」 : イメージ

無駄を削ぎ落とすことによって生まれる美しさを追求したエレガントミニマルデザイン。連続性のあるコンパネ一体型のスタンドや、画面に集中できるナローフレームが、視聴を邪魔することなく映像の魅力を引き立てます。また、ブラックとブラストシルバーのコントラストが上質感を演出。薄さ・機能美を追求したその佇(たたず)まいが、視聴していない時でも、お部屋に高級感をもたらします。

  • 「ブラックとブラストシルバーのコントラストが上質感を演出」 : イメージ

    ブラックとブラストシルバーのコントラストが上質感を演出

  • 「薄さ、細さを追求し、たどり着いたシンプルな美しさ」 : イメージ

    薄さを追求し、たどり着いたシンプルな美しさ

ケーブルをすっきりまとめられる
ケーブルクランプ

「ケーブルクランプ」 : イメージ
電源コードやアンテナケーブルなど背面に接続するケーブルを、スタンドネック部に付属したケーブルクランプの間に通すことで(左右2箇所)、背面がすっきりとまとめられます。
このページのトップへ

省スペース設計が叶える
サイズアップの目安

今より数インチ程度大きいテレビを設置するだけでは、画面上辺の高さは今よりも低くなり、画面中心・目線の位置も低くなるため、大画面を実感し辛くなります。

例)従来機種の32型から40型にサイズアップした場合

「例)従来機種の32型から40型にサイズアップした場合」 : イメージ

今より10インチ以上大きなテレビにすることで、画面上辺の高さが高くなり、見上げる姿勢でご視聴頂けるため、大画面の迫力を楽しむことができます!

例)従来機種の32型から43型にサイズアップした場合

「例)従来機種の32型から43型にサイズアップした場合」 : イメージ

また、ナローベゼルの採用による省スペース設計で、従来機種よりもフレーム幅が細いため、今とほぼ同じ設置スペースで、見易い10インチ以上大きなテレビを設置することが可能です。

55V型

「左右約11cmずつあれば55型にインチアップ可能!」 : イメージ

左右約11cmずつあれば
55型にインチアップ可能!

「10インチ以上のインチアップで大画面の迫力を体感できる!」 : イメージ

従来機種の42型からインチアップ!
(42C3000:幅102.7cm/高さ72.4cm/2007年)

49V型

「左右約9cmずつあれば49型にインチアップ可能!」 : イメージ

左右約9cmずつあれば
49型にインチアップ可能!

「10インチ以上のインチアップで大画面の迫力を体感できる!」 : イメージ

従来機種の37型からインチアップ!
(37C3000:幅92.0cm/高さ66.1cm/2007年

43V型

「左右約9cmずつあれば43型にインチアップ可能!」 : イメージ

左右約9cmずつあれば
43型にインチアップ可能!

「10インチ以上のインチアップで大画面の迫力を体感できる!」 : イメージ

従来機種の32型からインチアップ!
(32C3000:幅80.0cm/高さ57.4cm/2007年)

※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ