東芝トップページ > AV・デジタル機器 > 液晶テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > Z700Xシリーズ | 機能 | タイムシフトリンク・レグザリンク

Z700Xシリーズ

  • タイムシフトリンク
  • USBハードディスク必須(別売)

「タイムシフトリンク」 : イメージ

Z700Xシリーズとレグザサーバーやタイムシフトマシン対応のレグザを接続すると、それぞれの過去番組表を合わせて1つの画面上で表示することが可能。Z700Xシリーズでタイムシフト録画した番組とレグザサーバーでタイムシフト録画した番組の保存先を意識することなく、番組が楽しめます。同時に、タイムシフトマシンで保存するチャンネルを役割分担させれば、ハードディスクが効率的に使えます。

※ 本機能のご利用には、ホームネットワーク(LAN)を構築し、設定のうえ対応機器を接続する必要があります。

※ 連携可能対応レグザサーバー:DBR-M590/M490、D-M470/M430、DBR-T670/T560/T550/T460/T450、DBR-M190/M180(2016年4月現在)

※ 対応レグザ:Z700X/Z20X/G20X/Z10X/Z9X/Z8X/Z8/Z7シリーズ

テレビとレコーダーでタイムシフト録画した番組を1つの画面上で同時にチェック!

「テレビとレコーダーでタイムシフト録画した番組を1つの画面上で同時にチェック!」 : イメージ

テレビのリモコン1つで手軽に操作!

「ざんまいスマートアクセス」 : イメージ

ざんまいスマートアクセス

タイムシフトマシンで一時保管された番組から見たい番組にスマートにアクセス!

区切り
「4K過去番組表」 : イメージ

4K過去番組表

番組表が4K表示に対応したことで、長い番組タイトルや出演者などの情報もクッキリ!

区切り
「始めにジャンプ」 : イメージ

始めにジャンプ

現在放送中の番組でも、簡単に番組の冒頭から見ることができます

※ 「始めにジャンプ」機能のご利用にはHDMI®接続が必要です。

区切り

レグザサーバーやタイムシフトマシン対応レグザと連携してできる
タイムシフトリンク機能

対応レグザサーバー/
レグザ
機 能
ざんまい
スマートアクセス
4K過去番組表 始めにジャンプ*
レグザサーバー
DBR-M590、
DBR-T670/T560/
T550
D-M470/M430
レグザサーバー
DBR-M490、
DBR-T460/T450、
DBR-M190/M180
レグザ
Z700X/Z20X/
J20X/G20X/Z10X/
Z9X/Z8X/Z8/
Z7シリーズ

* レグザサーバーD-M470/M430で「始めにジャンプ」を使用するには、最新のソフトウェアアップデートが必要です。

このページのトップへ
  • レグザリンク

レグザとさまざまな外部機器をつなぎ、有機的に連動させることで、より自由な視聴スタイルを創造。「レグザリンク・シェア -録画番組配信/視聴対応-」「レグザリンク・コントローラ」「レグザリンク・ダビング」という利便性や快適性に優れる機能が、テレビの楽しみ方をさらに豊かにひろげていきます。

「レグザリンク」 : イメージ
このページのトップへ
  • USBハードディスク必須(別売)
  • レグザリンク

USBハードディスク(別売)に録画した番組を、ご自宅の別の部屋にあるDTCP-IP対応のテレビやノートパソコンでシェアして視聴できます*1。さらに「タイムシフトマシン」で一時保管した番組も配信できるため、家の中のすべてのテレビでタイムシフトマシンの番組を視聴できます*1

[録画番組の配信]
レグザで録画した番組を
別の部屋で楽しめる!*2
  [録画番組の視聴]
別の部屋のレグザサーバー/レグザ
ブルーレイ*3の録画番組を再生できる!
「録画番組の配信」 : イメージ   「録画番組の視聴」 : イメージ
USBハードディスクに録画した番組を、LAN接続した別の部屋のテレビ*3(DTCP-IP対応)で視聴。   LAN接続された別の部屋にあるレグザサーバー/レグザブルーレイ*3(DTCP-IP対応)の録画番組を、目の前のテレビで視聴。

*1) レグザフォン、レグザタブレットで視聴することはできません。複数の機器に同時に番組を配信することはできません。
著作権保護されたコンテンツのみの対応となります。

*2) 録画番組の配信はUSBハードディスク接続時に対応しています。

*3) 対応機種について、詳しくは本ホームページ「レグザリンク対応機器・機能一覧」をご覧ください。

※ 本機能を使用する場合、ホームネットワーク(LAN)を構築し、各機器を接続する必要があります。

※ 無線LANを使用するためにはアクセスポイントが必要です。ご使用の環境、電波状況、ネットワーク速度などにより、映像や音声が途切れたり、正常に視聴できないことがあります。

※ サラウンド音声はステレオ音声に変換されます。また、データ放送は視聴できません。

※ 電波状況が悪い状態で録画したデータは、正常に再生できないことがあります。

このページのトップへ
  • レグザリンク

「レグザリンク・コントローラ」 : イメージ

レグザサーバー/レグザブルーレイをはじめ、ハードディスク、パソコン、オーディオなどの外部接続機器をレグザリモコンで操作できます。レグザサーバー/レグザブルーレイは電源ON/OFFやレグザ番組表からの録画予約、ブルーレイディスクの再生をレグザリモコンで操作できます。

レグザサーバー/
レグザブルーレイ
録画・再生
ノートパソコン操作 オーディオ操作
レグザサーバー/レグザブルーレイの電源ON/OFFやレグザ番組表からの録画予約が可能。レグザサーバー/レグザブルーレイに録画した番組をブルーレイディスクにダビング/ムーブすることもできます。 dynabookの画面をレグザに映し、電源ON/OFFやカーソル操作が可能です。 ヤマハ、オンキヨー、デノン、マランツ、パイオニア製のオーディオ機器の電源ON/OFFや音量調整に対応しています。
区切り
このページのトップへ
  • USBハードディスク必須(別売)
  • レグザリンク

レグザのハードディスクに録画した番組をレグザサーバー/レグザブルーレイのハードディスクにダビングし、ブルーレイディスクにダビング/ムーブできます。残しておきたい番組の長期保存や持ち運びが手軽に行えるようになります。またDTCP-IP対応サーバーへのダビングや、東芝のノートパソコンでブルーレイディスクにダビングすることも可能です。

「レグザリンク・ダビング」 : イメージ
レグザサーバー/レグザブルーレイや
DTCP-IP対応サーバーにダビング
  東芝の対応ノートパソコンで
ブルーレイディスクにダビング
ローカル暗号でレグザのハードディスクに録画されている番組を、レグザサーバー/レグザブルーレイやDTCP-IP対応サーバーにダビングできます。DTCP-IP対応サーバーにダビングされた番組は、さまざまなDTCP-IP対応テレビで共有して見ることができます。   レグザのハードディスクに録画した番組を東芝のノートパソコンで、ブルーレイディスクダビングすることができます。

※ レグザサーバー/レグザブルーレイや東芝製対応ノートパソコンからレグザのハードディスクへのダビングはできません。

※ すべてのDTCP-IP対応サーバーにダビングできるわけではありません。

※ レグザリンク・ダビング対応機器については、「レグザリンク・ダビング対応機種一覧」をご覧ください。

※ PC接続確認済み機器について、詳しくはdynabook.com(別ウインドウが開きます)サイトにてご確認ください。

※ USBハードディスク接続時に対応しています。

テレビの楽しさ、ますます広がる!「レグザリンク」のネットワーク

※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。

※ HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)はBlu-ray Disc Associationの商標です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ