東芝トップページ > AV・デジタル機器 > 液晶テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > Z700Xシリーズ | 高画質 | 4KマスターリファインPRO

Z700Xシリーズ

いつもの地デジもブルーレイも、4K画素でさらに美しく
4KマスターリファインPRO

  • 4KマスターリファインPRO

「4KマスターリファインPRO」 : イメージ

超解像技術など、多彩な高画質化技術を駆使し、フルHD映像を4K映像にアップコンバート。いつも見ている地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送、ブルーレイソフトなどの映像も、4K解像度の緻密な映像で楽しめます。Z700Xシリーズでは、映像処理エンジンにより、さらに効果的な超解像処理とノイズ低減を行うさまざまな機能を搭載しています。

ブルーレイディスクの水平解像度が約143%にアップし、
ほぼ4Kクオリティに復元*

4K撮影・編集されたブルーレイディスクのフルHD映像を4K映像に近い画質(水平解像度復元率90%*)で再現。映画などのコンテンツをより緻密な映像で楽しめます。

「ほぼ4Kクオリティに復元!」 : イメージ

* 水平解像度3070本相当で4K撮影された映像を1920本相当にダウンコンバートしたブルーレイディスク
(東芝評価ディスク)で測定。

区切り

4K放送はもちろん、地上デジタル放送や
ブルーレイソフトまで4Kの美しさに!

「4K放送はもちろん、地上デジタル放送やブルーレイソフトまで4Kの美しさに!」 : イメージ

このページのトップへ

階調を豊かに復元することで、立体感・奥行き感を向上
アドバンスドHDR復元プロ

  • アドバンスドHDR復元プロ

カメラ撮影時に圧縮される高輝度映像を、新アルゴリズムを用いて輝度ヒストグラムから圧縮特性を高精度に推定して復元することにより、映像の立体感、精細感、色彩をリアルに再現します。

「アドバンスドHDR復元プロ」 : イメージ

映像の立体感、遠近感がさらに向上!

このページのトップへ

さまざまな映像で美しい精細感!
2段再構成型超解像

映像のエリアごとに画素単位で適切な超解像処理を実施することで、さまざまなシーンを自然で緻密な映像に復元します。Z700Xシリーズでは、2段階に分かれた超解像処理により、さらに微細な質感まで再現します。

  • 「入力映像」 : イメージ
  • 「矢印」 : イメージ
  • 「1段目 超解像出力映像」 : イメージ

    1段目で低域から高域までバランス良く高精細化

  • 「矢印」 : イメージ
  • 「2段目 超解像出力映像」 : イメージ

    さらに2段目でより微細なテクスチャを復元し、素材の柔らかさなどの質感を再現

このページのトップへ

映像や文字の斜めの部分も、さらになめらかに再現
マルチアングル自己合同性超解像

「マルチアングル自己合同性超解像」では、さらに多様な角度の斜めエッジに対応。特にアニメやゲームなどの映像や字幕の斜めエッジがよりなめらかになり、さらに自然な映像を再現します。

「マルチアングル自己合同性超解像」 : イメージ

字幕などの斜めの線もなめらかに再現!

このページのトップへ

チラつきを抑えた鮮鋭感の高い映像を実現
ノイズリダクション連携複数フレーム超解像

「ノイズリダクション連携複数フレーム超解像」 : イメージ

3フレーム(前フレーム/表示フレーム/後フレーム)を参照して超解像処理を行うことで、細部の精細感を緻密に復元するとともに、ノイズを低減させ映像本来の美しさを再現します。
さらに、「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」との連携により、ノイズ量に応じた効果的な映像処理を実施します。

「ノイズリダクション連携複数フレーム超解像」 : イメージ

このページのトップへ

ノイズを抑えたクリアな映像を再現
動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR

3フレーム*を使って前後に動いている対象物を把握して処理を行うことで、動きボヤケを抑えながらノイズを低減。さらに新たにノイズ検出機能を搭載し、平坦部検出時に5フレーム*を使ってノイズ低減を図ることで、クリアな映像を再現します。

* フルHD以下の映像入力時

「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」 : イメージ

動いている部分も平坦な部分もノイズを低減!

このページのトップへ

精細かつクッキリとした映像を実現
絵柄構造適応型MPEG-NR

一般的なノイズフィルターでは、絵柄と無関係に対称な形状となっています。絵柄構造適応型のノイズフィルターでは、処理対象画素の周囲にて解析した絵柄の相関性に基づいてフィルターの形状を適正化し、絵柄のボヤケを防止します。

一般的なノイズフィルター

「一般的なノイズフィルター」 : イメージ

絵柄と無関係に対称な形状

絵柄構造適応型ノイズフィルター

  • 「入力映像」 : イメージ

    処理対象画素の周囲にて絵柄の相関性を解析

  • 「矢印」 : イメージ
  • 「1段目 超解像出力映像」 : イメージ

    絵柄の相関性に基づいてフィルターの形状を適正化し、絵柄のぼやけを防止

このページのトップへ

映像のどこを見ても美しい精細感が感じられる
絵柄解析 再構成型超解像技術

映像は箇所によって精細感が異なります。従来は超解像処理を画面全体に均一にかけていたため、箇所によって処理不足による解像感の不足や、過剰処理による描写のギラつきが発生していました。映像のエリアごとに画素単位で適した超解像処理を実施することで、さまざまなシーンで自然で緻密な映像に復元します。

絵柄解析 再構成型超解像技術のプロセス

「絵柄解析 再構成型超解像技術のプロセス」 : イメージ

「従来」 : イメージ

画面全体に均一に超解像処理を行うため、箇所によって処理不足や、過剰処理が発生していました。

「従来の処理」 : イメージ

「絵柄解析 再構成型超解像技術」 : イメージ

部分ごとに適した超解像処理を画素単位で実施。画面全体の精細感をアップします。
 

「絵柄解析 再構成型超解像技術の処理」 : イメージ

※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。

※ Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。

※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ